スタジオセッション-913
販売価格4.599円
 SoundPEATS Audioからのレビュー依頼品。
Bluetooth接続のワイヤレスイヤホン。とよくある製品かと思われるがちょっといつもとは違う。ワイヤレスイヤホンって言われてもほとんどの製品は右と左のイヤホンがケーブルで繋がってますがこれはそれがない完全ワイヤレスイヤホンとなってます。
ワイヤレスイヤホンはたくさんあるが完全ワイヤレスはけっこう少ないのよね。その理由は大体わかると思いますけどね。そういうことでめずらしいかも?な製品のレビューへ。

スタジオセッション-934
スタジオセッション-935
まず箱。キレイな黒い箱でいいんですが前もあったがこれはピッチリしてすぎて本当開けづらい。ケースもあるんで一回出したらこの箱使うてことは少ないからいいんだがもうちょっとなんとかしてほしいかなぁ。

スタジオセッション-932
スタジオセッション-933
SoundPEATSお得意のケースも付属。イヤホンはケースあるといいし、このいつものハードとソフトの中間のようなケースは使いやすくていいです。

スタジオセッション-917
スタジオセッション-918
 サイズ:48*40*32mm重量:約12g*2
ワイヤレスイヤホンとしてはちょっと大きいタイプのもの。けど重いとは感じませんし邪魔とも感じないです。耳のフックは硬いので回して耳にかけるって感じになるんでちょっとつけづらいと感じるかもだが、その代わり装着感はしっかりしてます。
完全ワイヤレスなんでねこれくらいの装着力がないと怖いですからしゃーないですな。
ボタンの赤いほうが右です。ボタンの色が違うのでパっとみてどっちが右か左かはわかりやすくてこれもいいところ。

スタジオセッション-919
スタジオセッション-920
こっち側も。イヤーピースは三種付属。Sでもちょっとでかいと感じるひともいるかもね。そういうときは市販の買ってください。市販されてるのなら大体はまるはずです。

スタジオセッション-922
スタジオセッション-921
ボタンは両方についてます。電源オンは真ん中のボタンを右と左どっちも押さないといけないです。オフはどっちかオフにすると連動してオフに。両端のボタンは軽く押すと音量調整で長押しで曲送り戻し。これは右でも左でもどっちでも可能。

スタジオセッション-930
ペアリングは右のほうの真ん中ボタンを電源オフから8秒間長押しで裏にあるLEDが赤青点滅になるんでそうなるとペアリング準備完了に。あとはスマホなどで機器検索して接続すれば完了。
このペアリング準備の仕方がわからなくて四苦八苦。アマゾンの製品ページ書いてないんだもん、説明書は英語だったんで読む気もせずw
ペアリングの仕方は付け加えてほしいですな。

スタジオセッション-926
完全ワイヤレスなんで充電も両方しないといけません。てことで端子が両方についてます。

スタジオセッション-927
ケーブル二本?て思いがちですが専用の世にも奇妙な二股USBケーブルが付属。おもしろいっすねw
充電時間は2時間で待機180時間、連続使用6時間くらいできるみたいです。ちなみに通話もできて右耳だけ通話可能みたいです。そのテストはしてないです。すいません。

スタジオセッション-915
スタジオセッション-916
写真撮ったので一応乗せときます。

スタジオセッション-914
さてレビュー。いまもよく使ってるウォークマンW。これとそんなに変わらないというかケーブルで繋がってるワイヤレスとそこまで違わないと思ったんですが、全然違いますね。
ケーブルがないってだけでここまで軽快になるというかわずらわしさがなくなるとは思ってませんでした。つけてないとはいわないけどそんな感じさえするくらいです。
激しい運動しながらって人にはかなり効果があるんじゃないかな。いいんですね本当。
音質はちょっと低音が強いかなとは感じるが強すぎる感じもなくほどよいですね。ノイズが入るとかそういうこともなく問題無しでした。
電源オンが両方オンにしないとってのがデメリットとよくかかれるが自分はあんまりわずらわしくもなく。オフは連動してくれるのでこれで十分かな。くっついてないからなくしやすいってことでもあるがそこらへんはケースもあるんでなんとかしてもらうしかないでしょう。それなりの大きさあるんで大丈夫だとは思うのだが。

一番問題は価格かな。ケーブルでつながってるワイヤレスイヤホンは2000円台くらいが主流な感じなんでケーブルレスだけとも言えるものに約倍払えるかどうかってことよな。
 その価値がないとは言わないんだがなかなか難しいところ。完全ワイヤレスものとしては高いわけではないですのだが。
ワイヤレスなのにケーブルあってうざいって常日頃思ってるならいいと思いますよ。
2016/12