スタジオセッション-1014
購入価格1.350円(楽天)
 Gショックのタフソーラーの二次電池ってもの(すべてのGショックの二次電池では無いです)
4年半以上前にタフソーラーの電池交換て記事書います。うちのブログでは人気記事の一つではありますな。そんなことはいいが、その時は100円ショップのボタン電池のCR1616でごまかしました。電池交換の記事書いたときはすぐに電池無くなるだろうと思ってましてダメになったらCTL1616を買おうって決めてたのですが・・・約5年も電池もってしまいました。実際まだ時刻を見るというだけなら電池は問題がないんですが、バックライトがつかないのと電子音もしなくなったので変え時かなと。 スカイコクピット買ったのでタフソーラーのほうがいらないかななんて思ってたが冬はスカイコクピットでかくて邪魔なんで冬は使うもので。
そんなことで5年越し?で電池交換記事を締めましょうかね。
 
スタジオセッション-1015
電池交換記事で書いてますがこの電池は正規ルート?でいいかわからないがどっかで店で注文して購入できるって電池ではないです。そんなことでネット通販やオークションがおもな入手ルートとなります。
って業者さんはどっから入手してのよってな。価格が不安定なんで海外ルートなんでしょうな。メイドインインドネシアってなってますからそっちから直か中国ルートかそういうところじゃないでしょうかね。
値段が不安定と書いたが、長年これの価格見続けてますが今回買った1350円てのは最安くらいかな。1500円以下では買いたい。電池交換記事でも書いたが2000円以上となるとカシオに電池交換頼んだほうがいい気がします。

あとこれ買うときに疑問というか心配になるのがCTL1616とCTL1616Fという二種があること。もともと俺の時計に入ってたのはF無しのもの。で今回来たのはFつきのもの。大丈夫って書かれてはいるが心配にはなるわな。
確定情報ではないですが、電池ではよくあるんですが全く同じ電池なんですが最後のアルファベットがつくものがあるんですよ。
 これは識別子ってものになって、同じ電池なんだが接続するコネクタや端子の違いで別の製品名になるってことがあって、このFもそういうことだと思います。

ボタン電池は前のアルファベットが電池種類で数字が寸法。4桁の場合は前二桁が外形で後ろ二桁が高さ。これの場合は外形約16mmで高さ約1.6mmてことになります。約なんでちょっと大きい場合が多いです。
でおしまいになってます。そういうことで最後になんかついてようが気にしなくていいってことです。 そんなことでFがあろうがなかろうが気にしないでいい。

スタジオセッション-1016
スタジオセッション-1017
一応裏と横も。あんまりキレイな電池じゃないよね。中古ってことはないだろうがすこし心配ではありますね。

スタジオセッション-1019
そんなことでサクっと交換完了。一回やってると楽々です。交換の仕方は前に書いた記事と同じ。リセットが必要ですのでそこだけちゃんとやりましょう。
写真で撮ったらやけに汚い・・・。ベルトは洗ってるんですが表面はほったらかしなんでしゃーないです。電池は最初からそれなりに充電があったので無理やり光にあててなんてこともしなくてよかったです。
電波も拾いましたし今のところ問題は無し。 バックライトも電子音も復活しました。そんなことで今のところは大丈夫。
どれくらい持つかはまた書いていこうかなと思います。

まぁどうなんでしょうな。100円ショップの電池で5年もってるわけで。そう考えるとこれ買う意味があったのかなかったのか。
といっても電池交換記事で書いてますがCTLからCR電池への交換は時計を完全に破壊する可能性があるてこと。 
CTLからCRに変えた人のブログなんか見ると俺みたいにうまくいった人ばかりでは無いのでね。捨てようとしてた時計でとかならCR使ってもいいが、大事に使いたいっていうなら最低でもCTLの電池を使いましょう。もっというならカシオに送るのが一番です。

一般に販売してないような電池を使って、推奨されてない自分での電池交換をするってことはそれなりにリスクは背負うってのは理解してください。ネットで検索してここにたどりついたような人はそれは重々承知だと思いますが、そのリスクが背負えないならCTLからCTLだからといっても絶対に自分での交換はしないでください。
そいうことで締めの言葉はあいかわらず厳しめに。

てことでまぁ使えましたので自分で交換したいって人は買ってみてはいかがでしょうか。
2016/12