スタジオセッション-1165
販売価格2.180円
 SoundPEATS Audioからのレビュー依頼品です。Bluetooth接続の片耳ヘッドセットてやつですな。
D4って言われるとニコン使いなものでカメラのほう思い浮かべちゃいます。
 
スタジオセッション-1145
箱。相変わらず微妙に開けづらいぴっちりしたもの。

スタジオセッション-1160
スタジオセッション-1161
スタジオセッション-1162
スタジオセッション-1163
説明書。

スタジオセッション-1146
スタジオセッション-1147
ポーチ。他の製品のと一緒なポーチですね。この製品だとちょっとケースが小さいのかな。入れ方悪いと入りません。

スタジオセッション-1148
 付属品全部。イヤーピースのサイズ違いで三つ。イヤーフックx2。充電用のケーブルに両面テープかな。

 スタジオセッション-1149
まず充電用のクレードルから。これにイヤホンつけることにより充電ができます。当たり前ですがクレードルにケーブル刺してるならね。クレードル付きのものだとこれが無いと充電できないってことよくあるが、イヤホン本体にUSB差し込み口があるんでこれがなくても充電可能。こういう仕様はいいですね。
クレードルへのイヤホンの取り付けはマグネット式で取り付け取り外しとも簡単。
クレードルからイヤホンを取り外すことによってイヤホンがオンになりBluetooth接続がされ電話などで使えて、使い終わってクレードルに戻せばイヤホンの電源はオフに。とけっこうなハイテク仕様?いろいろとよく考えられてますね。

スタジオセッション-1150
スタジオセッション-1151
スタジオセッション-1152
各方向から。

スタジオセッション-1153
車のエアコン吹き出し口なんかに取り付けることができるクリップも付属。俺の車ではうまくいきましたがだめなときはダメですねこういうのは。そういう時は両面テープあるんでそれ使って固定したりするといいかと。

スタジオセッション-1154
クレードルにイヤホンを置いた状態。当たり前ですがぴったりです。

スタジオセッション-1155
さてイヤホンに。四角いボタンが見えますがここで電源オンオフやペアリング、電話にでたりきったり全部の操作をやります。曲送り戻しってのができないので音楽というより通話用ということで。
ペアリングはオフから長押しでオンになってもずっと長押しでなります。音声ガイダンスは日本語。

スタジオセッション-1157
耳につける部分はカナルではなく耳に中のくぼみにひっかけるってタイプのもの。片耳イヤホンだとこれが主流ですね。周囲の音も聴きやすいからこれってことなんだろうが、これが俺は非常につけづらく固定力が弱い。そういうことでイヤーフックがついてるてことなんですがね。こういうタイプあまりつかったことないんだと苦労するかも。

スタジオセッション-1159
底についてるボタンが音量調整ボタン。大中小と三段階に変化。スマホなど本体で設定してる音量を三段階に変化ってことね。
調整自体はこれでいいんだがイヤホンがカナルじゃないこともあってちょっと最大が音量が小さくも感じます。聞こえないってわけではないですがもうちょいほしいとは感じる。

スタジオセッション-1156
スタジオセッション-1158
まえから後ろから。後ろ部分にUSBの差し込み口がありここからも充電可能。

てことでレビュー。この価格でクレードルにケースがついてて品質も悪くなくお買い得感は高いです。
クレードルからの取り付け取り外しでのオンオフや日本語音声ガイダンスに詳しい日本語説明書といろいろスキがなく。
問題は耳への取り付けか。このタイプ初めてだったからか俺はハメづらかった。イヤーフック使えばいいだけなんですがそれなしでももうちょっとくっついてくれればいいのだが。
そのくらいですかね。コスパは高い一品だと思うので初めての片耳イヤホンっていうなら選択肢にいれてもいいのかもな。
2016/12