スタジオセッション-1205
購入価格17.900円(楽天)
スキーやスノボー用のゴーグルで電熱線入りてもの。ゴーグルの最大の問題は曇ること。高いものだとダブルレンズになってたり曇り止め加工がされてたりとかなり曇りづらいですが100%曇らないわけじゃない。でもっと曇らないものをということで今はハイテクゴーグルがいろいろ出ててファンがついたものがあったりそしてこれのような電熱式がある。
俺は今はスキーもスノボもしてないが吹雪の中で雪かたしは毎年恒例。吹雪の中での雪かたしの一番の問題は顔が寒いのと前が見えなくなること。顔を防御しようとマスク状の防寒具で鼻まで隠して帽子かぶってゴーグルすると 暖かいが瞬時にゴーグルは曇り前が見えなくなる。ゴーグル無しは目が痛いしまつ毛凍るしつらい。ついでに眼鏡なんかしてると眼鏡が曇る以前に雪が付きまくって見えないっていう。
そんなことを子供のころからやってるわけですが、たしかバイクでどうやったら視界が曇らないかとか調べてるうちに出てきたのがファンや電熱がついたハイテクゴーグル。でこの電熱ゴーグルいいじゃんって思ったが価格が高い・・・。定価だと35000円+税ってわけのわからない価格します。メット+ピンロックシートで16000円だがやてことでメットを買うことに。雪かたしはガマンすればいいだけですのでこんなに金出せない。
そんなことで何年か前から欲しいなぁなんて思ってまして去年くらいからかな型落ち品がけっこう値段が落ちてきててなんとか手が出なくもないかな?という価格に。それでも高いけどね。
今年買う気はなかったのだが楽天Pとの兼ね合いと頭が散財モードなので勢いに任せて買っちゃいました。このゴーグルの詳細な情報が少なすぎて使って調べたいって気持ちにガマンができなくなったてのも大きいです。
でこれは眼鏡対応モデル。眼鏡対応じゃないのはRUSH XEDです。でこれは14〜15モデルとなって型落ち品です。現行モデルと仕様が違う場合がありますのでご了承ください。

スタジオセッション-1199
パッケージ。そういえばゴーグルのパッケてこういう透明プラよな昔から。モバイルバッテリーが無い?ってちょっと思ってしまったのですがこの赤い枠に入ってるのがモバイルバッテリー。

スタジオセッション-1200
ケースも入ってるのでパッケージがけっこうでかいです。値札がここにあって35000円+税と。

スタジオセッション-1201
スタジオセッション-1202
スタジオセッション-1203
付属品から紹介。まず専用ハードケース。ゴーグルのケースは底がメッシュになってて湿気逃がすようになってたりします。チャックのスライドが一個なのよな。開けるのにグルっとチャック一周させないといけないのはめんどくさいね。安物ならいいがこの価格帯のならここらへんはなんとかしてほしい。

スタジオセッション-1204
ゴーグルの入れ方はこんな感じのはず。というかこういう風にしか入らないのでこれでいいんでしょう。かなりギッチギチ。モバイルバッテリーもスキマに入れれば蓋は閉まります。
ケース付属はうれしいんだが余裕はなさすぎたりチャックが一個だったりあとはモバイルバッテリーやケーブルあるんでそれ用のポケットなんてあるといいんだがね。専用できっちり作れというのは厳しい話なのかな。

スタジオセッション-1228
モバイルバッテリーか。このモデルに付属してるのはオズマ製のILAU14-SPC01。現行のはPB-3200てのになってるようです。
これ専用品てことではなく普通にスマホ用のモバイルバッテリーとして売られてた商品。 もうほぼ売ってないようですが3000円くらいだったようです。リチイムポリマーで容量1400mAh。これで2時間は駆動できるらしい。
サイズは54x96x18(mm)重さ80g。手のひらに収まるサイズで軽いです。

スタジオセッション-1229
スタジオセッション-1230
スタジオセッション-1233
出力はUSBの一口だけ。充電は直接コンセントに刺すというもの。スイッチはサイドにあってオンにするとライトが点灯というもの。
まず容量1400?少なくない?て思う人多いかもね。ちなみに現行のモバイルバッテリPB-3200でも2500mAhでリチウムイオンになってます。
身に着けていくものですのであまり大きくてもってのもあるでしょうしマイナス10度以下なんてところで使われることもあってそういう状態だと大容量だと安定しないとか言われてたりなんだり。いろいろ理由はあるようですが、大体の人がモバイルバッテリーは買い足しってことしてるようですね。10000mAhでも1000円台の時代ですのでそこらへんはあまり問題にはならないのかなと。

スタジオセッション-1234
スタジオセッション-1235
専用カバーも付属。温度低下でものすごい性能落ちますのでカバー系は何かしらあったほうが望ましいのかな。右下が透明になってますがここからオンしてるか確認とボタンを押してのオンオフってことになってます。
がボタンが非常に押しづらい。

スタジオセッション-1244
どんなモバイルバッテリーでもいいの?ということですが5V2A出力できるなら問題ないと思うがね。現行はリチイウムイオンになってるのでポリマー限定てこともないようですし。
俺はこんな単三入れられるモバイルバッテリーもどきみたいのしか持ってないしこれは5V1Aなんだよな。けど一応は問題なく作動してるみたい。温度も同じくらいまでは上がってるようです。まぁモバイルバッテリーならなんでも大丈夫だと思うが。
ちなみに専用品って売ってるもの以外は動作保証はしないっていうことになってます。

スタジオセッション-1236
ケーブル。USBとDCのメスってもの。DCは外径4.0mmの内径1.7のオスに対応だと思う。思うであって内径がちょっと違うかも。
この状態で長さ35cm。グイっと伸ばすと130cmくらいにはなるかな。ちょっと動きづらくはなるがズボンのポケットあたりにも一応入れられます。がポケット使うならジャケットのうちポケットというのが理想でしょうな。これもDCの径があえば社外品でもたしか使えるはず。USBをDCにってケーブルは普通に売ってます。がDCの径がいろいろあるんでそこらへんが問題に。余裕があればなんか買っては見たいですね。

スタジオセッション-1237
説明書などに書いてないんだがゴーグル用の袋も付属。なんで書いてないんだろ?
ツルツルとした手触りがいい袋です。

スタジオセッション-1238
あとはゴーグルとモバイルバッテリーの説明書とオーナー登録用のハガキ。オーナ−登録しないと保証が受けられないみたいなんで忘れず出しましょう。

スタジオセッション-1210
やっと本体に到着。マネキンの頭は一回りか二回りくらい普通の人の頭より小さいです。中のメガネはアイアスリート402
フレームの色はライム。毎年3色くらいはフレームの色あるみたいです。これは売れ残りなんでこういう色てことに。
レンズの色は公式にはXEDピンクて色。オレンジよりのピンクみたいなそういう色に見えますね。透明なレンズ無いの?と思われるかもだが限定版て出たもの以外いまのところなし。レンズの回りの白く見えるところが通電部。
視界が狭いってよく書かれてるんだが、今のかなりレンズが広いモデルてつけたことないので狭いってはあんまり感じず。見てのとおり眼鏡のレンズは全部見えてるわけでこれ以上広くてもメガネっ子だとあまり意味は無い。

スタジオセッション-1211
スタジオセッション-1213
サイド。眼鏡対応モデルなんでかなり深めのゴーグルに。左側に電源供給用のプラグが。

スタジオセッション-1212
スタジオセッション-1226
スタジオセッション-1227
後ろはこういうバックルタイプのもの。これだとかけやすいしいいですな。

スタジオセッション-1214
スタジオセッション-1215
上から下から。下は厚めのスポンジでぴったり密着で下からの空気をシャットダウン。上はメッシュになってます。

スタジオセッション-1260
大事なゴーグル内部を。こんなですな。一見普通に見えます。

スタジオセッション-1219
上部のほうに配線が。視界にかかるわけでもないのでこれでもいいとは思うが隠す努力はあってもよかったのかなぁ。

スタジオセッション-1258
左下に丸いシールみたいなのがあります。これはAPAっていってダブルレンズの内部の気圧調整用だそうです。標高1000mくらいになると気圧差でレンズがゆがむことがあるそうな。それを防ぐためってことだそうです。これを間違ってはがしたりここにゴミがたまったりしないようにしましょうってことです。

スタジオセッション-1216
眼鏡の収納について今使ってる眼鏡はフリーフィットのFFT010。これの横幅は140mm。入手しやすい眼鏡では幅は最大くらいのもの。これでも問題なく入るので横幅が問題でゴーグルに入らないてことはまずないと思います。
縦のほうも今一般的に売られてるのなら問題ないはず。縦5センチくらいまでなら入るはずです。

スタジオセッション-1220
バッテリーとの接続について。左のところの筒状になってるところに端子が入ってます。

スタジオセッション-1221
引っ張りだすとこんな。ゴムの蓋がついててバッテリー使わないときに端子が露出してへんなことにならないようになってます。

スタジオセッション-1222
ゴムを外すとこんな。さっきかいたが外径4.0mmの内径1.7mmのDCプラグでいいはず。

スタジオセッション-1224
わかりやすく筒から出しましたが実際はこういう風に筒に入れた状態でゴム蓋外すってことになります。

スタジオセッション-1239
で接続して、接続部分を筒に隠すように押し込んで準備完了。

スタジオセッション-1241
スタジオセッション-1242
でモバイルバッテリーの電源をオンにして通電してるんだとこういう風に赤いLEDが点灯。内部からも見えやすくなっててかけたままで通電してるかどうかわかります。がこれがちょっとまぶしいというか赤がへんに気になる。緑とか青とかだったらよかったような気がしないでもない。

スタジオセッション-1253
発熱するってことで温度の話を。測定は放射温度計で室内で測ってます。環境によって温度はかなり変わると思います。
まず通電する前の温度を。21度くらいとたしか室温と同じくらいのはず。表からレンズの真ん中を測ってますがどこもこのときは同じくらいでした。

スタジオセッション-1254
スタジオセッション-1255
通電させて20分後くらいで計測。まず表から。真ん中が34度で目があるあたりが30度くらいとなりました。10度くらいはあがったてことですな。氷点下だとここまで上がるかわからないが表面の凍結ってのはまずなさそうです。

スタジオセッション-1256
スタジオセッション-1257
そして裏側。裏側のレンズが発熱するのでこちら側のほうが熱いです。真ん中で42度、目のところで35度くらいか。
中心部を触ると熱いまではいかないがけっこう暖かいと感じるレベルまで上がります。これは開いてる状態ですので顔に密着させた状態だともっと上がるかもね。熱源がこれだけあるんでゴーグル内部もそれなりの温度になると思うので眼鏡のほうの曇りもそれなりに行けるのかなって思ってたり。

スタジオセッション-1262
そんなことで暫定レビュー。これを買った一番の理由というか知りたかったことは眼鏡が曇るかどうか。そこがまだテストできてないというか気温がたかすぎなもので。そこ書いたらレビュー終了になります。
軽くテストした感じは当たり前に曇ることは無いですね。眼鏡のほうも今のところは大丈夫。温度計測しましたが40度付近まで上がるんでどうやったって曇らないでしょうね。
ちなみに通電してなくてもダブルレンズなんでかなり曇りづらいです。もしもの電池切れでもなんとかなるときはなるのかなと。
視界も俺は狭くないですし、後ろがバックル式になったので眼鏡かけたままでも取り付けて取り外ししやすいのもいいところ。バッテリーのケーブルがどうなのか気になったがズボンのポケットあたりにいれても問題ないくらいの長さがあったり、ゴーグルががっちり顔に固定されてるのでそこまで邪魔だなって感じはしないです。

ちょっとねってのは気にはならないとは書いたがやっぱりケーブルはどうにかならんのかなと。けど長時間過酷な状況で安定して使うとなるとこうするしかないんだよね・・・。けどもうちょっとライト層というか長時間じゃない人向けにケーブルレスがあってもなとは思います。
あとはレンズの色。昼間の雪っていうならこれでいいんだけど夜間というかちょっと暗いとやっぱり見づらい。透明レンズのものも限定じゃなくてラインナップにあればいいのだが。
あとは通電してるときの赤LEDが視界の邪魔。これも位置をもうちょうい上とか下とか色変えるとかしてほしい。
でゴーグル内部のケーブルの処理やギリギリのケースなど定価で4万近いものとは思えない雑さが見え隠れするのもどうなのかなと。あとは価格。個人的にはこういう価格で納得してるですが、タブルレンズやめて一枚レンズでただ発熱させたり、モバイルバッテリーは別売りにしてとか安くする方法はいろいろあると思うので廉価版てのがあればいいなとは思うかな。

そんなことで今のところこんなです。本格的な冬になったら本格的にテストはしますのでまたその時に。今のところは想像よりよかったかな。けど想像してない悪さも見え隠れということころでしょうか。
2016/12