スタジオセッション-1297
販売価格3.289円 製品HP http://www.mankerlight.com/manker-lad-mini-usb-rechargeable-keychain-flashlight/ 
Aoniro Jからのレビュー依頼品。電池内蔵で充電式のキーチェーンライト。キーチェーンライトというと普通の丸い懐中電灯型で小さいのが主流でしたがこの平べったいタイプが増えてきました。

スタジオセッション-1308
スタジオセッション-1309
パッケージ。帯を外すとタグがあってそれ引っ張ると商品がというタンス式。タンス式たまにあるがどうなんだろうか。

スタジオセッション-1307
付属品は本体とUSBコードと説明書。英語と中国語です。そろそろMANKERも日本語追加してもらいたいですね。

スタジオセッション-1298
サイズ & 重さ: 長さ51 mm 幅: 28 mm 厚さ: 13 mm 重さ: 25 g 素材はアルミ。
車のキーレスのキーより一回りか二回り小さいって感じのもの。重さも重いわけではないです。ボタンはここに見える一個だけでこれで全部の操作を。

スタジオセッション-1299
スタジオセッション-1300
スタジオセッション-1301
スタジオセッション-1302
各方向から。チェーンを通すためだと思う穴と充電用端子があるゴムの蓋があるだけですかな。

スタジオセッション-1303
LEDはCree XP-G3。Nichia 219Cモデルもあります。レンズタイプなのかな。

スタジオセッション-1305
両脇の二つは赤色LEDになってます。

スタジオセッション-1306
スタジオセッション-1314
蓋を外してマイクロUSB刺すと充電が開始。ボタンが青く点滅してれば充電中で点灯にってことなんだが、最初に点滅はするがその後すぐに点灯になるんだよな。俺の個体がおかしいのかこれが正しいのよくわからず。充電がすぐ終わってるってことは無いと思うのだが。
電池はリチウムポリマーだそうです。

スクリーンショット (27)
操作方法: 
‐壇中から、スイッチをワンクリックしてLowモードに入り(図の左側)、ワンクリックしてLow-Medium-High-Redの順に明るさを切り替えます。長押しで消灯します。 
⊂壇中から、長押しで消灯前に使用していたモードから始まります(メモリー機能:消灯時の明るさで再 点灯) 
消灯中から、ダブルクリックしてストロボモードに入ります。ワンクリックして明るさモードを切り替えます(図の右側部分)。長押しで消灯になります。 
づ静中から、ダブルクリックして2つのグループを切り替えます(図の左右の部分) 
ソ偲泥ぅ鵐献院璽拭淵好ぅ奪船椒織): 
充電中に青く点滅します。 充電が完了すると青く光ります(点滅が無くなる)。

普通に使う分には押してオンで押していくごとにモード切替の長押しオフ。ストロボモードの dragon breathてのがよくわからんが間隔が長く点滅するってやつかなぁ。今回は細かい設定変えるモードはあるのかどうか不明です。

画像21
カメラ設定 ISO800 SS1/30F3.5 WB5000K固定 焦点距離28mm 壁までの距離約3m
Red: 1 ルーメン, 100 時間 
Low: 23 ルーメン, 5.6 時間 
Medium: 86 ルーメン, 1.5 時間 
High:300 ルーメン, 0.5 時間 
Strobe: 300 ルーメン 

いつものテスト。数字通りは大体出てると思います。300あれば1000ルーメン越え常用してる人でも問題ない明るさかと。このサイズですがかなり広めに照らせるかな。キーライトとしては必要十分かと思われます。 

スタジオセッション-1318
highで5分ほど放置した状態での温度計測。一番高いところで35度くらいですね。温度に関しては気にすることはないのかな。というかこういうライトで長時間ということはまずないでしょうし。

スタジオセッション-1310
こんな感じでキーレスのキーとくっつけるといい感じに。さてレビュー。一番気になったのはUSBの蓋のゴム。きっちりハメるには丁寧に押し込む必要があった。これがけっこうめんどくさい。
あとはキーにつけると思うのでチェーンまではイラナイが輪っかみたいな金属のが付属してたらよかったかな。
そのくらいかな。このサイズではかなり明るいですし操作方法も問題なし。値段もまぁまぁ。あとは耐久性が問題なければですね。
平べったいキーライトが欲しいなら選択肢の一つにしてもいいんじゃなかしら。
2016/12