スタジオセッション-1529
購入価格1.999円(amazon)
マクロ撮影時の微調整用のスライダーレールってやつで、マクロスライダーやフォーカシングレールって言われるもの。
かれこれ10年近くかそれ以上カメラ使ってますがその初期から買わないとなって思ってたもの。 基本的に高いのよマクロスライダーって。そういうものなんで本格的にマクロやってるわけでもなく、なくてもなんとかなるしいいや〜で後回しにしてるうちに10年w そんな感じで月日がたつうちに謎の中国製カメラ用品ってのも入手がしやすくなりマクロスライダーも手ごろなものが出てきました。
でこれが2軸の中では最安くらいの2500円だった。がそれでも買わず。絶対必要でもないのでね。でアマのメールがきてこれがタイムセールだよ〜で500円安かった。さすがに2000円切ってるなら買おうよと買いました。
マクロスライダーとは?みたいなのも一緒にかきましょうかね。
 
DSC_2870
DSC_2871
クソみたいなキクの花のマクロ写真ですが、これはD7200にタムロン90つけて最大倍率で撮ったもの。上は真ん中の緑っぽいところにピントを合わせてます。で下は花びらのほうにピントを。
どっちでもいいんだが、上みたいにピントを合わせたがやっぱ下みたいに花びらに合わせたいとか、花びらにピンもってきたかったのにこっちにあっちまった。みたいなことが最大倍率で撮ってるとよくある話。

スタジオセッション-1540
スタジオセッション-1541
手持ちで撮ってるのならば体前後に動かしてピン調整するんですが、三脚使ってるのならば三脚ごと動かさないとダメ。上の写真みたいに三脚ごと前にきてますね。こんな風なことをする。
室内ならいいがこれが外となるとなかなか思い通りにいかない。地面が平らじゃなかったり平でも土だと三脚が土に埋まったり。それ以前に小型三脚ならいいがでかい三脚使ってるともう嫌になる。でピン合わせにバカみたいに時間かかって大汗かいたりするのよね。

スタジオセッション-1530
スタジオセッション-1531
そういう三脚ごと動かすっていうめんどくささから解放するための道具がマクロスライダー。上の写真のように三脚は動かさずカメラを前後移動させることができると。2軸スライダーの場合は横にも動かせます。
花マクロなんかだとこのおしべじゃないとなりのおしべだとか、この花粉の粉じゃなくそっちの花粉みたいなミリ単位のピント合わせが必要になることが多い。そういうのを手助けしてくれるのがこれってことです。

スタジオセッション-1534
さてマクロスライダーの説明が終わったので製品へ。重さは約500g。素材はほぼアルミで一部のネジのつまみなどがプラ。
不良品が届いたってレビューも見たが俺に届いたのは問題は無しで、質は問題なしというか2500円とは思えない良質なものといっていいですね。
同じ形でメーカー違いのがたくさんありますが全部一緒だと思う。思うであって正確ではないですが今まで大体そうなので間違いはないはず。

スタジオセッション-1535
スタジオセッション-1536
スタジオセッション-1537
スタジオセッション-1538
スタジオセッション-1539
可動も問題はなにもなかったです。動きモスムーズで細かな調整、固定力も申し分なしでした。一番下の写真の裏側の銀色のネジを外すと二個のレールに分割可能。

スタジオセッション-1532
スタジオセッション-1533
横軸の移動はこんな。左にも動くよ。

さてレビュー。スライダーの固定するネジが 固定するまでけっこう回さないとダメなのと、二個のレールが連結してるんですがその連結のネジがいつの間にか緩んでグラグラにっての以外はいいんじゃないかしら。
連結のネジは締め直しでもとにもどりました。
一番キモなレールの移動や微調整に問題がでなかったのは安心しました。ちゃんとしたものが届けばコスパは最高といっていいですね。
ちゃんとしたものが届けばってことで、なぞの安い中国製なんで不良品届く可能性も考えてはおきましょう。そこらへんはアマゾン発送のなら返品楽ですからいいですが。
でこれはこの製品の注意点というよりマクロスライダーを使う上での注意点ですがこれを乗せる三脚と雲台はそれなりにちゃんとしたものというか最低でも中型クラスといわれるようなもの使ったほうがいいです。
重量もそれなりになるというのもあるが、重心がかなり高くなるのでカメラとレンズの総重量以上に雲台と三脚に負荷はかかることになります。あと横にも動くので今まで大丈夫だったのに〜なんてことは起きやすいです。
個人的にはAPS-C一眼でもフルサイズでも90mmくらいのマクロレンズ使うとするなら最大搭載加重は5kg以上の雲台と三脚が望ましいと思います。
上のほうにミニ三脚を使ってる写真ありますが、ミニでも入門用の三脚でも使えますが安心安全では無いってのは覚えておいたほうがいいですし、ちゃんとマクロ撮るならまずはしっかりした足と雲台のほうが大事ですのでそういうの無いならスライダーよりそっちを優先しましょう。

かといって今はISOあげまくっても画質がだいぶよくなったり画素数も多くなりトリミング耐性もあがりスライダー無しでもやりようはいろいろあるっちゃあるのよな。
緻密なマクロを撮るてことじゃないなら今の時代はそこまでイラナイのかなって気もしますがね。とレビューというよりマクロスライダーのいろいろばっかり書いてる気がする。
そういうことで興味がある人はまずこれくらいのから試すのがいいんじゃないでしょうかね。そういう自分は使うのかどうかわからないって人はまずこんなところからどうぞ。
2017/1