スタジオセッション-1516
購入価格1.290円(amazon)
充電式の室内用センサーライトてもの。 もともと興味があったというかうちには必要なものだと思ってたのだが購入には踏み切れず。で依頼品で外用のソーラーセンサーライトを頂いて想像よりは使えるし、やっぱりセンサーライトは便利てことで購入を。
長さだったり電池にとかものすごい迷ったのだがテストってことで安さだけを重視してこれに。
 
スタジオセッション-1527
箱と付属品の充電用ケーブルに日本語も書いてある説明書。キレイな箱なんだがメーカー名とかは無しの謎の中国製です。

スタジオセッション-1517
スタジオセッション-1518
本体裏にマグネットが付属でマグネットには両面テープが付属。壁などにこのマグネットを取り付けそこにライトを取り付けると。磁石式なんで充電するときは簡単に外せますよと。
磁石ならなんでもいいわけで、100円ショップなどのでも代用は可能です。

スタジオセッション-1519
サイズ(約):長さ190mmX幅30mmX厚さ16mm  重量(約):100g
長さ19cmってのはやっすい割りばしくらいの長さ。一番上にモデルハンドに持たせた写真ありますが両手握ったくらいの長さですね。正直長くないですが必要十分な長さ。
真ん中のドームみたいなのが人感センサーで、光センサーはLEDがつく平らなところ全部?なのかな。光センサーがそういう感じなんでテストしづらいのよな。

スタジオセッション-1520
 上下か。金属ですがここはアルミなんでマグネットはつかない。ここも鉄で磁石につくとよかったなぁって思ったりです。
まぁ金属プレートでも自分でくっつけろって話でもあるか。 

スタジオセッション-1521
スタジオセッション-1522
 サイド。AUTO オフ オンとあってオンだとずっと点灯。AUTOで暗くなって人が近付くとオンになり15秒くらいで消灯となります。
充電はUSB刺すとすぐ始まります。サイドのシール下のネジを含め二本外せば分解できるとは思うのだがやってないのでわからんです。

スタジオセッション-1513
スタジオセッション-1512
 USBをさして充電中なら赤で青になると充電完了。充電時間はわからないですが数時間と思っていいのかなぁと。

DSC_2874
カメラ設定 ISO800 SS1/30F3.5 WB5000K固定 焦点距離28mm 壁までの距離約3m

やらないでもいいような気もするがいつものテストを。明るさのスペックは書いてないのでわからないけどテストの感じでは一個のLEDのルーメンとしては数ルーメンて感じでしょうな。でそれが10個でこんな感じに。遠くというのもあまり得意じゃない。が倉庫の明かりだったり廊下の明かりだったりと細かい作業をするわけじゃないようなところの明かりとしては必要十分な灯さといっていいんじゃないでしょうか。
色なNWというか電球色よりももっと黄色く見えるかな。

DSC_2878
予定してた置き方はこんなでドアの上に。ちなみにこれマグネットでくっつけておらずおいてるだけw  安定感がけっこうあってそれなりの幅があればマグネットなしでも問題なかったり。
地震とかあると落ちる可能性あるのでマグネットはつけたほうがいいですけど場所をどこにしようかってときはこんなこともできますよと。

スタジオセッション-1525
さてレビュー。ちょっと問題となったのが人感センサーの範囲。丸いセンサーから90度で広がってという感知範囲なんで横の感知が結構弱い。なので上の写真みたいにドア上に置くと廊下歩いててもけっこう近づかないと反応しないのよね。けど距離はかなり離れてても感知する。3mまでみたいになってるが5mくらいはうちだと反応しましたね。
これがまた扱いが難しく、ソッチいかないのに光ったりしてもうねとw 廊下にって使い方だと置く場所はけっこう悩むかもです。
そうじゃないならこの感知範囲でも問題な無いはず。

あとは何も問題なく。暗いかなって思ったがこれ以上明るいとまぶしくて幻惑されたりするし、バッテリーの持ちもわるくなるだろうからこれでいいなと。
短いってのも気にしたのだがこれで十分だね。初期不良もこういうなぞの中国製だからあると思ったが俺のはなんとかちゃんとしたものが来ました。ちゃんとしたものなら質は問題ないみたいというかこの価格にしてはかなりいいです。
あとは充電池がどこまで持つかよね。価格が安いのは電池の質が悪いからってことにこのごろ気づいたというか前のセンラーライト分解して気づいたのよね。長く使いたいというなら電池を自分で入れるタイプがいいと思いますよ。電池式はまたあとで買う予定。

いろいろ書いたがお試しセンサーライトとしては安くていいと思います。俺みたいに悩んでる人はこれつけてまた考えるというのがいいんじゃないかしら。
2017/1