DSC_2931
購入価格1.191円(amazon) 製品HP http://www.captainstag.net/goods_UA-4501.html 
折り畳み式の角スコです。氷上ワカサギ釣り行くとしてテントに雪かけたり、テント設営のために雪かたしたりするんでスコップは必須。一緒にいく人が一本もっていくのであるはあるんだが俺も持ってることに越したことは無いのでほしいなと。
 フォールディングスコップは先がとがった剣スコ型はたくさんあるんだが角スコ型は少なくてスチール製となるとこれだけといってもいい。で価格も安いんでいいかなってことで、レビュー見て不安なところはあったんだが選択肢がないのでね。
 
スタジオセッション-1711
箱。SCOOP(スクープ)って箱に書いてあって広告風なパッケージなのかな?なんておもったスコップ(SCOOP)なのか。

スタジオセッション-1712
箱裏が説明書がわり。

スタジオセッション-1713
スタジオセッション-1714
ポリエステル製のバックが付属。裏にはベルトループみたいなのもついてます。けっこうしっかりしたバックです。

スタジオセッション-1717
本体。
■使用サイズ(約):150×110×全長550mm
■収納サイズ(約):190×260×厚さ58mm
■重量(約):1.1kg
■材質:本体:ハイカーボンスチール鋼(アクリル樹脂塗装)

こんなサイズですな。収納サイズはIpadが厚くなった感じ。重さはずっしり。これは丈夫さを重視したのででしょうがないこと。

スタジオセッション-1715
スタジオセッション-1716
きれいな仕上げで1000円くらいのものとは思えない感じです。

スタジオセッション-1718
スタジオセッション-1719
スタジオセッション-1720
スタジオセッション-1721
こんな感じで伸ばしていって最後に黒い大きなナットを締めて変形完了。クワっぽいところで締めればクワとしても使えます。

DSC_2932
スコップ状態でこんな。ふつうのスコップの半分くらいの長さですが、バケット?でいいかな掘るところはサイズが大きいですしスチールの丈夫さで想像よりかなり掘りやすいです。

スタジオセッション-1723
ちょっと分解を。6mm六角レンチと13mmのレンチで二つの可動部の銀色のナットを外せば分解できます。

スタジオセッション-1724
 分解するとこんな。

さてレビュー。収納状態はコンパクトでバックパックにも入りますし変形も簡単。付属バックや本体の質もいいですし、何よりスコップとして使いやすく、クワモードが雪や氷の地面の整地がすごいやりやすい。最高のフォールディングスコップですね!っていいたいところですが・・・

 最初にレビューを見て不安なところって書きましたがそれは変形させて固定させる黒い大きなナット部分。締めると回らなくなるってレビューがちらほら。それ以前に回らないなんて書いてあるのもありましたね。
商品ががきてナット部分回して最初に気づいたのはジャリジャリした感触。うーんこれやばいかな?と。で最後まで締めると緩めるのにそれまで感じたことのないきつさが。で上で分解してますが分解してそこらへんの確認とグリスをもっと塗ってみればなんかかわるかなぁと。まぁかわりませんでしたが。
きつくはなるが回せないほどじゃないので大丈夫かとおもって外でテストして戻そうとしたらナット緩まなくなりました。パイプレンチつかってなんとか緩められましたがまぁアカンですねこれ。
ネジ部分の切り方が根本的にダメなんだろうなぁ。ネジ山修正機とか使えばよくなるような気もするがダメな気もする。
個体差といえばそれまでですがレビューで同じところの不具合が連発してるので構造的な問題でしょう。
締めすぎなけれ大丈夫っぽいが使ってうちに締まる感じもするので怖いね。返品も考えたが収納状態にならないでも使えるは使えるでいいかなと。わかさぎ釣りにもっていって戻らなくなったら二度ともってはいかないですけど。

やっすいやつはやっぱりこういう可動部というかナット関係なんかは信用しちゃアカンよね。このナット問題さえなければ本当いいスコップだし誰にでもおすすめなんだが。本当残念というかなんとかしましょうよ鹿番長。

家で使うとか車に載せる緊急用てなら収納不具合でてもいいがキャンプ用で持ち運ぶというならナットの不具合がでることがあるってのはよく理解して購入してください。というか他のに行ったほうが安心だと思うよ。
2017/2