DSC_2991
販売価格5893円 製品HP http://www.velocifiretech.com/product-vm01/ 
  gearbestからのレビュー依頼品。Velocifireという中国系のキーボードメーカーのはず。そこのゲーミングキーボードですね。

スタジオセッション-1774
size (L x W x H): 34.50 x 16.50 x 3.00 cm weight: 1.237kg USキーボードになってます。ゲーミングはどうしてもスペースの打ちやすさからUS配列になります。
キレイなキーボードです。黒ですがその黒が落ち着いた黒でいいですね。重さもそれなりにあって安定感もあります。剛性もけっこうアリ。

スタジオセッション-1775
パームレストとまではいかないけど前が傾斜になっててかなり打ちやすい。手がそこまで大きくない俺でも問題なし。

スタジオセッション-1776
横から。スタンドが無いタイプですが打ちやすいです。

スタジオセッション-1778
裏。Vというかなんかそんな感じになっててちょっとかっこいいですな。

スタジオセッション-1779
キートップ引き抜き工具も付属。引き抜き工具は付属してほしいのでうれしいです。

スタジオセッション-1780
キーはたしかZORROというところのメカニカルの茶軸。茶軸というと中間的なメカニカルスイッチみたいなことが多いのですが、音はかなり静かで押し心地は軽く、メカニカル的なクリック感てのもあまりない。Cherry製だと赤軸に近いかも。というかメンブレンにけっこう近いかもね。カチャカチャって感じのメカニカルっぽいのが苦手ならいいと思いますが、カチャカチャ感がほしいならなんか違うかもってなるかも。

スタジオセッション-1781
説明書を一応。英語ですけど難しいこと書いてないので大体わかるかと。



動画を二本ほどおいておきます。これ見れば音とか光り方とかよくわかるかと。

DSC_2985
さてレビュー。いいですね。メカニカルですがうるさすぎずいい感じの打撃感もあり、何より打ちやすい。質感も悪くなく、USキーボじゃなかったら普段でも使いたいくらいです。これだと俺でもうまくゲームできそう。ってキーボードでゲームめちゃ下手なのでダメだとおもいますけど。
問題があるとすればメカニカルらしいカチャカチャとしたものを求めてるんだと違うと感じてしまうかなってことぐらいでしょうか。
アマゾンコムのほうだと評価もけっこういいのでゲーミングキーボ探してるなら候補の一つとして悪くないんじゃないかしらね。
gearbestでの販売ページはこちらになってます。
http://www.gearbest.com/keyboards/pp_590425.html?wid=21 
2017/2