スタジオセッション-1792
購入価格864円(楽天)
絶対必要なわけでもないんだが ワカサギ用の電動リール使うなら台使うのが定番に。なんでこんなの使うのってことですが、いろいろあるけど氷上穴釣りの場合は、リールが完全防水になってるものも少ないので単純に置き場所が無いのでこれないと困るのよ。 
で昨シーズンからだがいろいろ調べてるとリール台はギター用の足台が代用できてこっちのほうが安いよという情報を見る。ということで自分も電動リール買ったので台探してておもしろいのでギターの足台買ってみたと。実際は専用台でもそこまで高くないんでこれ買うメリットも少ないんだが、ブログネタとしてね。ただリール台買いましたじゃおもしろくないじゃんw 本当ブログとかしてると無駄なことするよね・・・
 
スクリーンショット (59)
プロックス攻略ワカサギ電動リールテーブルのページより
http://www.proxinc.co.jp/lineup/page.jsp?mode=id/624 
こんなのが基本的な電動リールテーブルってもの。見てわかるとおりフットレストそのままです。電動リール台にフットレストが代用できるというより、もともとフットレストをちょっと改良して電動リール台にして販売してるのよ。なもんでフットレストはリール台として使えるって流れになってる。
フットレストと何が違うのというと電動リール用のストラップを付ける穴があったりあとは台の上のゴムやスポンジが手を置くように柔らかくなったり素材が違っていたりするってだけ。なもんでフットレストでも問題なくリールテーブルとして使用できる。

で基本的に商品数ってのはフットレストのほうが多くて価格もこなれてるのでリール台より安いことが多い。
ネット通販だとこの製品が一番たしか安くて900円以下。でリール台の最安値は1080円。上の画像のプロックスのでも1400円。
1円でも安くって考えがあるならフットレスト買うのもいいが数百円くらいっておもったりあとあと改造してって考えがあるならへんなこと考えずリール台買いましょう。
フットレストを選択するのならば値段は高くなるが選択肢が豊富なのよね。木製のがあったりもするし形も様々。値段よりそういう方向でフットレストにっていうならいいんじゃないかしら。

としょっぱなからこの記事の意味を否定してる気もするがw そういうことっていうのを頭には入れておいてねってことですね。

スタジオセッション-1784
さて戻りますか。まずパッケージから。アマゾンと値段が変わらなくてポイント付くので実質楽天のほうが安いのでそっちで買ったがメール便で来るのよね。でこれがポストにぶっこまれててびっくりしました(包装はしてあります)
見てわかる通り正真正銘ギター用フットレストです。で海外のもの輸入してそのまま売ってるから安いてことなんでしょう。

スタジオセッション-1785
踏板サイズ:105mm x 250mm重量:約700g 素材スチール
フットレストってことで足一個が置けるくらいのサイズといっても成人男性なら大体はみ出るくらいか。
重さは700g。重いっては大体の人は感じないはず。
ギター弾かないのでねこれが大きいのか小さいのかよくわからないです。ロゴのところに保護フィルムが貼ってあります。ものすごい取りづらいっす。

スタジオセッション-1786
裏面はこんな。

スタジオセッション-1787
こうやって足持ち上げて。

スタジオセッション-1789
自分の好きなたかさになるところに引っかけて完成に。動作が硬いとかそういうことはなかったです。

スタジオセッション-1790
スタジオセッション-1791
高さは12〜24cm。高くなるほど傾斜はきつくなる傾向に。下がってるほうが後ろってことになるみたいですね。ワカサギ釣りに使う場合はどっちが前でもいいかなと。

スタジオセッション-1796
電動リール落下防止というか水没防止のストラップなんかは足の調整のところにかければいいかな。どうもしっくり来ないって人はドリルで穴開けたりしてもいいのかもね。

スタジオセッション-1793
電動リール置くとこんな。リールはプロックスのです。プロックスのはでかいんですがこれでも問題なくでした。

スタジオセッション-1794
握った状態だとこんなですかな。お相撲さんくらい手がでかくないかぎり手が乗らないってことは無いはず。

スタジオセッション-1795
ちょっと気になったというかアカンところですが足が全部ちゃんと点かないで一点だけ浮いてたのよね。で足がガタガタしてました。足のゴムカバーが外れるのでその中にティッシュなんかつめて調整したら治りました。こういうところが安い製品って感じがします。

DSC_2937
さてレビュー。リール台として使用してなんの問題もなく。ゴムが足用なんで硬いかな?って想像してたがそんなことなかったですね。逆にこれくらいの硬さのほうが俺は好みかも。軽いし小さいし持ち運びも問題なく。椅子が高いので高さが低いかなって思ったが、もうちょい高いほうがいいが許容範囲ですね。低いなら最悪雪を下に積めばいいし。
ちょっとと思ったのが滑り止めで横溝が入ってるんですがここに餌の虫のカスがいっぱいたまっちゃってなんか汚いことに。家でブラシで落ちるからいいが、硬さじゃなくてこの溝隠すためにスポンジ貼ろうかなって考えたりです。
リール台としてなんの問題もないですね。十分これで満足。けど最初書いたように専用ものでも値段そこまで変わるってわけでもないのであえてこれを選ぶ理由もないのかなと。けど数百円違えば仕掛け一個買えますね違うといえば違うか。そこらへんは個人の判断に任せます。

本当のフットレストとしては個人的にはちょっと作りが弱いきがしないでもないような。大丈夫だとは思うけどちょっと怖い気がします。あと足ガタガタしてたりもするんでフットレストしては微妙かもね。
そんなことでフットレストはリール台になるよってことでした。ギターやっててフットレスト持ってる人はワカサギ釣りしてみたらいいのかもねってそういうことありそうでないよなぁ。
2017/2


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

フットレスト ギター用足台 Dicon Audio GS-026
価格:864円(税込、送料無料) (2017/3/7時点)