スタジオセッション-1942
購入価格約1.600円(上州屋)製品HP http://www.proxinc.co.jp/lineup/page.jsp?mode=id/620 
プロックスのワカサギ用の穂先で28cmで一番柔らかいもの。穂先は最初からちゃんとしたもの買おうと思っててダイワやシマノの行く予定だったのだが、これを店頭で触ってみてまぁ行けるかな?って思ったのでこれにしてみました。21cmもあるが長くしたのは感度重視のためというか21は硬く感じたので。
 
スタジオセッション-1943
定価は1800円。アマゾンだとほぼ値引きなしなのよな。ワカサギ用の釣り具はネット通販が安いってのがあんまりないイメージになってます。
 28cmだと硬さはML〜SSSの4種類。氷上ならSSSでいい気がします。取り付け軸の太さは5mmなんでワカサギ用リールなら大体つくはずです。

スタジオセッション-1944
根元あたりが黄色なのがSSS。

スタジオセッション-1945
スタジオセッション-1946
スタジオセッション-1947
いろいろと曲がってますがそういう質のものです。これでもまだマシだったのかなぁ。店頭で買うならじっくり見て質がいいもの選びましょう。

スタジオセッション-1948
スタジオセッション-1950
重りをつけてシナリの確認。上が1gで下が5g。これは胴調子っていっていいのかな?

さてレビュー。ホームの湖はワカサギが小型のばかりで複数かかることもあまりない。そういう氷上だとやっぱり硬いねこれでは。
硬いといっても3g以上つけちゃうとアタリはわかりづらく感じました。1〜2gがいいんじゃないかなぁ。かといって1gでもわかりづらいんですがね。ちなみに穂先の設定オモリは0.5〜2.0g。
柔らかすぎないのでブレが出づらく初心者にも使いやすいですし、どのフィールドでも最低限使える穂先だとは思います。
最初の穂先にはいいんじゃないかなぁ安いしね。
繊細なあたりを拾いたいっていうならこれはダメです。素直にシマノやダイワ買いましょう。そこらへんと値段半分か3分の1なわけで、やっぱり値段なりです。
サブや遊び用なら問題なくってことでしょうかな。
2017/3