DSC_3003-2
購入価格1.382円(amazon)製品HP http://www.captainstag.net/goods_M-3713.html 
鹿番長の持ち運びしやすいロールテーブルってやつです。写真真ん中のバーナーとかランタンとか乗ってるやつね。
雪上でバーナーやら使うとして平じゃないといろいろキツイし下の雪が溶けるのが問題なのよな。で最初はイラナイというか他ので代用してたのだがなんかいまいちなんで、持ち運びやすさと価格を考えてこれしかないなってことで購入。
 というか前見たときにやけに高かった(3000円以上)ので購入候補から完全になくったのよね俺の中では。で見たら安かったのでってのが一番の購入理由かしら。
 
スタジオセッション-1970
パッケージ。お店だとこんな感じでおいてあるてことで。

スタジオセッション-1969
袋が付属。袋のドローコードにロック機構がないのが嫌ですね。折りたためるといっても何もないと勝手に開いちゃうので、できれば袋でしっかりと動かないように固定したい。なのでドローコードのロック機構はあったほうがいいんだよね。ここらへんはケチらないでほしい場所です。

スタジオセッション-1959
収納サイズ(約):70×60×長さ400(mm)重さ700g
袋から出すとこんな。想像してたよりは重くでかかったですね。まぁバックにつけちゃうと気にならないレベルですが手持ちだとちょっと気になるレベルの大きさと重さ。

スタジオセッション-1961
スタジオセッション-1960
広げるとというか自然とこういう形にはなってしまいます。5枚のアルミのパネルを2本のゴムで連結してるだけって構造。
壊れるときはゴムが切れて終わるのでしょうな。なんでもいいのでゴム通せば直るとも言えますが。

スタジオセッション-1962
足を立たせて机にしていきましょう。まず上下にあるバーを金具から解除。

スタジオセッション-1963
でそのバーを写真みたいに横に動かしてロックに引っかける。

スタジオセッション-1964
そして足を広げて完成。やりかたさえ一回覚えればだれでもできます。力もイラナイです。

スタジオセッション-1965
サイズ幅400×奥行290×高さ120mm 耐荷重30kg
それなりの大きさの机になりました。一人分の荷物であればこれだけあれば問題は無い広さなきがしますね。
耐荷重30kgは本当にあるんかな?正直いってかなりたよりないです。間違っても座ったりしちゃダメですね。

スタジオセッション-1966
上からも。

スタジオセッション-1968
ちょっとした使用上の注意点としては写真みたいに机の中央部分を持ってしまうと天板が持ち上がっちゃうのよね。
モノ乗せたじょうたいで机を移動しようとして、ここらへんもっちゃうと上に乗っかってるものが倒れたりなんだりする恐れがあるということです。
始めて使うような人には一言注意というか、こうなるから気を付けてねってのは言っておいたほうがいいです。

DSC_3004
DSC_3011
熱が下にどう伝わるのかってのがちょっと心配だったんですが、上が最初で下が最後、バーナー使って10時間後くらいの写真。沈んだは沈んだが問題ないレベルかしらね。ランタンは置いてあるだけでほぼ使用してないです。

さてレビュー。やっぱり便利よねキャンプなんかで完全に平なところがあるってって当たり前のことですが。
持ち運び、設置、撤収と何も問題なし。広さもバーナー、ランタン置きとしては問題なし。強度が心配だったんですが動かすわけでは無かったので、ただの台として考えれば十分でした。
価格も安いですしキャンプ用小型テーブルとしてはベストセラーになってるのもうなづけますね。

気になったのはさきほど書いたがドローコードにロックが無いのと、折りたたんでも自然と広がってくるのでそれのロックというかバンドみたいなので固定できればなと。あとは連結はゴムなんでそこの耐久性でしょうか。まぁ最悪ゴム切れても問題ないっちゃないんだがね。ここらへんは低価格だからしゃーないのかな。

どっちにしろこの価格でこのサイズのテーブルを売ってくれてるだけでありがたいってね。キャンプ系みたいなのするならぜひ一個は持っていて損はないですな。キャンプ系以外でも外でなにか作業するというならちょっとしたテーブルとして使えますので、なにかテーブルがって困ったときは、これ購入してみるのはいいんじゃないかしら。
2017/3