スタジオセッション-2095
販売価格2.999円(amazon)
  Aoniro Jからのレビュー依頼品。JAXMANは中国の新しいライトメーカーのようです。
今回は18650x1のスタンダードなモデルってものを。
 LEDが三種類あるんですがこれはNichia 219B ウォームホワイト:色温度4000Kてもの。どれいいですか?って言われて迷ったのですが、明るさ重視のライトではないのでCree系選んでもしょうがないので日亜のものを。で4000Kはたしかレビューしてないはずなのでそれを。
 
スタジオセッション-2092
スタジオセッション-2093
箱。お世辞にも質のいい箱とは言えませんな。緩衝材多めに入ってるので中身に問題はでないと思いますが。
 JAXMANのライトの特徴は証明書みたいなこのシールかしら。たしか作った日だと思われる日付が書いてあったりします。こういうのはいいですな。
ちなみに今はアマゾンJP発送がありますが、俺のは中国から発送でした。10日近くかかりましたね。

スタジオセッション-2094
付属品。ランヤードと予備Oリングx2に説明書。説明書は英語と中国語だけ。なんとか日本語おねがいしやす。

スタジオセッション-2096
サイズ:長さ117 mm*直径24mm重さ:80g(電池を除く)素材アルミ 保護等級:IPX-6 耐衝撃性:2m
 ワンボタン式の18650x1ライトとしては特別小さいってわけでもなく。クリップもなくシンプルそのもの。握りやすくていいですが。
色は一応はグレーらしい。ちょいと青みがかっててキレイな色です。仕上げもいい。

 スタジオセッション-2097
裏もツルンとなにもなし。こういうのの一番の問題はゴロゴロ転がるところでしょうか。

スタジオセッション-2099
LEDは先ほど書いたがNichia 219B ウォームホワイト:色温度4000K。かなり黄色ですなLEDも。
 他にCree XML2 クールホワイト:色温度6000-6500k、Nichia 219B ニュートラルホワイト:色温度5700KのLEDが選べます。
Creeのにするとルーメン値と飛距離はアップします。逆に言えば日亜にすると暗くなって飛ばなくなる。

スタジオセッション-2100
テールキャップスイッチ操作 
1.テールスイッチで点灯/消灯
2.半押しでLow, Mid, High, Strobe, SOSとモード(メモリ機能はなし)

普通のゴムのテールスイッチで操作方法も普通かな。間欠点灯はできません。半押しじゃなくても連打でもモード切替は可能。
スイッチの感触自体は問題なし。半押しモード切替もちょうどいい深さ。けどメモリ機能なしでストロボSOSが入ってるのはちょっとな。
もう一個 JAXMANのライトレビューするんですが、そちらはスロトボとSOSがないモードってのが選べるのよな。これもその機能がほしいですし、それか違う操作でなるようにしてほしいね。

スタジオセッション-2101
 簡単な分解を。この端子がキレイなつくりなのもここのメーカーの売りなのかなと。 

スタジオセッション-2102
電池について、フラットトップで長さ65mmって書いてあったりするんですが、ボタントップでも問題なかったですし保護回路つきの長めの電池も問題なく使用できました。
それよりも太さの問題がでます。 AtacticalのUSB接続口がついた極太電池が入らないのは分かりきってたが、スルーナイトの新型の3400mAhが入らないのは驚きでしたね。ちなみに旧型は入ります。
内径が1.85cmくらいが限界なのかな〜。一番いいのはIMR使うことなのかな。こういう風に入らない場合があるよてことは覚えておいてください。

画像1-1
カメラ設定 ISO800 SS1/30F3.5 WB5000K固定 焦点距離28mm 壁までの距離約3m
 Nichia 219B LED
20LM(Low)-130LM(Mid)-350LM(High)
動作時間:135min(High)-445min(Mid)-45h(Low)
最大照射距離:40M

さていつものテスト。照射範囲はこういう形の18650x1ライトとしては広めで使いやすい。明るさに関してはほぼ数字通りだと思うがHighは500くらいといってもいい気がしますがね。350って数字以上の明るさを感じました。
で色ですね。本当にウォームホワイトってくらい黄色です。けど悪くない黄色ですな。日亜のウォーム系は本当いい色してます。

スタジオセッション-2103
さてレビュー。間欠点灯がないのと、モードの中のSOSストロボが邪魔、電池の太さの問題がでる可能性がってところ以外は問題がない質のいいライト。日亜の219Bが選べるのが一番のメリットとも言えますかな。
逆に言えばそれ以外はこのライトを選ぶ意味ってのを見出すのはなかなか難しい。18650使ってるのに350ルーメンってショボくね?て思われるだろうし、演色性てなによって人には関係ないライトともいえるのかも。
けど先ほど書いたように数字以上に明るいライトですしシンプルで質のいいライト。黒ばっかりはイヤだって人にはこのボディの色もいいでしょうしね。
マニア向けなのかなぁってところはあるけど最初の一本にも悪くはないとは思いますよ。
2017/4