スタジオセッション-2155
購入価格1.959円(amazon)
iPad5のケースというかカバーというかそういうの。前からよく書いてるはずだがiPadはカバーがないと利便性半減なので購入しないとってことで物色。Airとボディサイズが一緒なんでAirのカバーを5用にってのがまだ多い。やっすいの買って専用のちゃんとしたの出たらまた買おうって予定だったんですが安いやつは前に買ったiPad3用のカバーみたいなのが多い。この蓋をグルグルって感じのスタンド機能が使いづらいのよね。今回のiPadは性能もよくなったのでPCのサブディスプレイみたいな使いかたしたいのでスタンド機能がしっかりしたものが欲しくて値段も手ごろでということで見つけたのがこれ。
デザインと色も好みだったってのが大きいですな。
iPadの壁紙についてはつっこまないでw フィギュアの写真とかだとどうなんだろってテストしてたということで。
 
スタジオセッション-2132
箱。しっかり箱に入ってくるのは好印象。やっすいやつは箱ないのでな。一応説明書っぽいものも入ってたがが日本語は無しです。

スタジオセッション-2133
さてカバー本体。表面は布っぽいもの。手触りがよくてしっかりしてていいです。が色が・・・。蛍光灯下だともうちょい黒いが黒というより茶色が強いです。この手の素材は光源によって色変わるのでしょうがないけどさすがにここまで違うとちょっとどうなのかと。
最初からこの色でも俺はよかったのだが。そういうことなんでこれの黒っぽいの買うときはご注意ください。

スタジオセッション-2134
 裏。カメラの穴の位置も問題なし。他の穴もあとで写真出すが問題はなかったです。そこらへんの心配はしないでいいみたい。

スタジオセッション-2135
スタジオセッション-2136
スタジオセッション-2137
スタジオセッション-2138
ぐるりと一周。いわゆる手帳型っすな。もし落としたとしてもiPadが直接あたることは少なそう。先ほど書いたようにいろんな穴は問題なくぴったり。ボリュームボタンも問題なかったですが、ボリュームボタンはちょっと押しづらいです。

スタジオセッション-2139
中。iPadの固定はプラの台座に入れるタイプ。固定用プラは硬すぎず柔らかすぎずハメやすく外しやすいがしっかり固定されます。安いやつはこのプラがひどいことが多いのでね。これは問題なかったです。
蓋裏はフェルトっぽいものかな。かなり目の詰まった高そうなフェルトっぽいもの。いい手触りで気持ちいです。
ちなみに蓋にはちゃんとマグネットがあって蓋の開け閉めによりスリープオンオフは問題なし。しかしちょっとマグネットは弱め。持ち運びのときに間違って蓋があくとかありそう。

スタジオセッション-2142
裏がこんな風に半分空いてるのも特徴かな。放熱いいらしい?まぁ新型あんまり熱くならないのでいいんですが。

スタジオセッション-2140
スタジオセッション-2141
スタンド機能はこういう風に二段階。溝にひっかけるってタイプです。溝にひっかかる底にはゴムの滑り止めもついてるのでこんなですがかなりがっしり立ちます。
蓋も剛性が高いので安定度はかなり高い。溝以外のところで立つは立つがあんまり期待しないほうがいいです。

スタジオセッション-2143
当たり前ですがこういう風に蓋をグルっとして使うことも可能。角度はほぼつきません。

さてレビュー。かなりいいですな。まずは質がかなりいい。2000円で本当いいの?っていうくらい。素材の質もいいですし細かなところもかなりしっかり丁寧に作ってあって好印象ですね。耐久性もかなりいいと思いますよ。
Padのつけ外しも楽なのもいいところ。そして欲しかったスタンド機能もばっちりというかここまでしっかり立つのねと関心したくらいです。
蓋をグルっとして手にもってゲームってのも意外に問題なく。

ちょっとなぁってのは最初に書いたが色。見本とここまで違うのはさすがに擁護できん。ボリュームボタンが押しづらいのもちょっとね。けどそこが押しやすいと落とした時の問題がでるししょうがないか。
あとは立てるのはいいんだが寝かしてつかうというか寝っ転がってちょっと角度つけたいてときは使いやすいとは言えない。これもしょうがないところか。
磁石がちょっと弱いのもね。もう少しでいいので強いといいのだが。

まぁ全体的にいいケースです。これで2000円以下なら文句は無し。次のカバーもESRにしようかなって思ってるくらいですな。そのくらいお気に入り。そういうことで俺みたいにPadを立ててってこと考えてる人はいいケースだと思いますよ。
2017/4