スタジオセッション-2166
購入価格699円(amazon)
バンドがナイロン素材のベルト。こういうベルトだとバックルが金属でカチャカチャってするような、今だと100円ショップによくあるベルト想像しますが、これはバックルがプラのもの。メーカー名は書いてありますが他のメーカーのものもほぼ一緒のはず。うちのブログでよくでる謎の中国製で同じ工場で作ってるけどメーカー名だけ変わってるよってもののはずです。
そういうことでこの形のナイロンベルトてメーカー名違くてもこんなだよーって参考にはなるかな。
購入動機書いてなかったな。普段着用のベルトぶっ壊れたのでどうしようかなと。ベルトはなかなかしっくりこなくていつも選ぶの大変なんですよ。でアマゾンで安そうなベルト探して、普段着だとベルト見せることないのでこれでいいかなぁと。
その中でも安かったこれにしたってだけ。色も見えないのでなんでもいいやーでこんなことに。
 
スタジオセッション-2167
サイズは116 × 38 ×2.5cm。130cmのもありますがそっちはちょっと高くなる。かなーり太ってない限りは110でも大丈夫だと思うが、作業着やサバゲでベルトになんかバックみたいなの通すっていうんだと130のほうがいいかも。ベルトは長くても切ればいいのでね。

スタジオセッション-2168
一応のYKK製のプラバックル。これ系の製品で壊れるところはここ。ちょこちょことこれのピンが折れたってレビューを見ますね。
実際割れそうでもあるし、使った感じはそうそう割れないだろとも思えるもの。ピン部分だけ金属だといいんだがってそれだとこの値段では無理だろうが。

スタジオセッション-2169
こんな感じで刃がついてて挟み込むってものです。

スタジオセッション-2170
スタジオセッション-2171
ベルトを通してグイっとバックルを折り返すと固定って感じに。写真撮り忘れましたがバックル全部も簡単に取り外せてベルトを切っての調整も簡単です。

スタジオセッション-2172
左のはダイソーの100円のベルト。
さてレビュー。いいですな。ナイロンのベルトがかなり薄いようなの来るとおもってたが十分な厚さはあり問題なし。上の写真のダイソーのと比べてみてもらえばわかりますがかなり厚いのはわかっていただけるかと。
そしてベルトを締める緩めるってのも簡単。金属バックルのやつみたいにカチャカチャとした音もせず。
問題は耐久性ですな。構造的に絶対壊れないってものじゃないんで外れ引いたらダメでしょうし、プラなんで長くは持たないでしょうね。いいところ数年じゃないかなぁ。値段が値段なんであくまで使い捨てのつけやすいベルトと割り切れない人は買わないほうがいいでしょう。

個人的には今後このベルトでずっといいやって思ってたり。予備で違う色のも買っておこうかなと。かなりダメ思考ですけどもうベルトにこだわるのも疲れたのでw
そういうことで締まりさえすればいいっていうならこういうベルトいかがでしょうか。
2017/4