スタジオセッション-2304
購入価格4.785円(コジマYahoo!店)製品HP http://gaming.logicool.co.jp/ja-jp/product/g402-hyperion-fury-fps-gaming-mouse 
2014年発売のロジの中間価格帯のゲーミングマウス。PUBGや他FPSなんかをPCでやり始めてマウスにもうちょっとボタン欲しいなてことでいろいろ物色。多ボタンマウスはいろいろあるがやっぱりゲームで使うんだからゲーミングマウスでしかも有線のだよなと。かなり安い謎の中国製ゲーミングマウスがたくさんあるんだが安いマウスは絶対失敗するので却下。でロジのG300sでいいなと思ったのだが親指で押せるボタンがないのよな。親指部分にボタンは欲しいなとなって価格的にこれが候補に。ちょっとなぁってところもあったんだがこのごろ見てるゲームの配信してる人がこれ使ってるってのも後押しになり決定。
そんなことでゲーミングマウスは初レビュー。ついでに有線マウスも初っていうね。

スタジオセッション-2286
スタジオセッション-2287
箱。付属品は保証書と説明書っぽいもの。保証期間は2年。ロジの保証は手厚いので保証書は絶対なくさないでくださいね。

スタジオセッション-2288
全体はこんな。ケーブル長は2M。

スタジオセッション-2289
本体サイズは72(幅)×41(高さ)×135(奥行)mm、重量は140g(ケーブル含まず)
ボタンは右クリ左クリ、センタホイール押し込み、左クリ脇に2個、親指で押せるものが3個の計8個。
あとで書きますが全部のボタンは専用ソフトで好きなものを配置可能。
重さは有線としては軽いってほどではないのかなぁと100g以下のゲーミングマウスもあるんで。持った感じも軽いってはあまり感じなかったです。が無線マウスからだと軽いです当たり前ですけど。
サイズはかなりでかいというか長いですね。ここらへんはあとで詳しく。右クリ部分がすこし長くなってるのが特徴かしら。
派手すぎずかといっておとなしすぎずで個人的にデザインはお気に入り。

スタジオセッション-2290
裏側。センサーは真ん中。最大4000DPI。DPIが高いとちょっと動かすだけでマウスカーソルがものすごい動くようになる。てことで素早い操作が可能ということに。
かといってあんまり早すぎてもエイムあいづらいですがね。
裏側はよくすべりますね。今のところ問題なし。

スタジオセッション-2291
サイド。この写真の右側にある二つがよくある進む戻るって機能のボタン。下に一個あるのがいわゆるスナイパーボタンみたいなもので押してる間だけDPIを下げられるってもの。
上の前二つがDPIを上げたり下げたりってのがマウスもったままできるボタン。ゲーム以外もこのマウスでってなるとDPIの上げ下げ簡単なのでいいんですがFPSなんかしてて間違って触るといきなり動き遅くなったり早くなったりでわけがわからんことに。DPI調整がイラナイというなら専用ソフトで他のボタンを割り振るのがいいですな。

スタジオセッション-2292
スタジオセッション-2293
スタジオセッション-2294
各方向から。けっこう複雑な形してます。

スタジオセッション-2298
ライトは上のGマークと横のDPIインジケーターが光る。ボタンをDPI以外にすると光りません。Gマークの光は専用ソフトから光らせなかったりなんだりできます。

スクリーンショット (90)
スクリーンショット (91)
先ほどから書いてるが専用ソフトからボタンは好きかってに変更可能。マクロ登録もできるんで本当に好きかってに登録できます。

スタジオセッション-2295
スタジオセッション-2296
さてレビュー。他のレビュー記事でも書かれてることですがかなり大きいマウスってのが問題となる場合があるかなと。手が小さいときついだろうしつまみ系の持ち方にも合わない可能性は大きいです。逆に手が大きくてがっつりかぶせて持つ人にはいいとも言えますが。
あとは高速タップ撃ちってのもちょっとやりづらいのかな?と感じたりもしました。

あとは良くて来たゲーミングマウスだと思いますよ。値段もゲーミングマウスとしては手ごろでボタン数もそれなり、専用ソフトもよくできてますし保証が2年で手厚いってのもかなりのポイント。
ゲーム以外でも普段使いでも便利と思う人もいるでしょうしいいマウスなんじゃないでしょうか。
2017/6