スクリーンショット (102)
http://www.nikon-image.com/products/lens/combination/より
初めてAF-Pのレンズを買ったんですが、このAF-Pレンズは古いボディだと使用ができないって注意書きが書いてある。
この「使用できない」ってのがなんなのかよくわからずでずっとモヤモヤ。マウントが違うわけでは無いので装着できないわけでは無いしシャッターが切れないってのも考えられない。じゃー何をもって使用できないとしているのかと。てことでそういうネタです。

スタジオセッション-2337
上の表にあった使用できないボディのD90に取り付けてみました。装着は何も問題なかったです。
ということでD90に装着したときの例なのでボディが違うと違うことになるかもです。そこらへんはご了承ください。

スタジオセッション-2340
ちょっと写真が分かりづらいかもだが絞り優先での状態。自動露出も問題なくできました。何ができないんだ?とちょっと疑問に。

スタジオセッション-2341
答えは覗いてシャッターボタン半押しにして判明。AFが動かない。AFが動かないならMFでと思ってピントリング回してもピントは全然動かず。
そういうことで何ができないかってのはどういう方法を使ってもピントが合わせられないてことでした。ピントが合わせられないなら使用はできないといってもいいですね。ちなみにピントがあってなくてもシャッターが降りる設定であれば写真は撮れます。

なんでこんなことにってことですがステッピングモーターのAFだと電気通ってないとMFすら動かないのよねニコンに限らずだいたいが。そういうことで古いボディにはステッピングモーターに電気を送る機能がないってことでピントが合わせられない。いろいろ書こうとしたがただの愚痴になるのでやめてこういうことになってますっては覚えておきましょう。

ちなみに「どうやっても」とは書いたがピント合わせる方法はあるはあります。AF-P対応ボディでピント合わせて、ピントが合った状態のままレンズ外して非対応ボディにレンズつければピントは合ったままになります。何言ってるかわからないでしょうが、俺の場合はD7200でピントあわせてそのレンズをD90につけて撮るってことですw
対応ボディもっててそれやる意味ないだろってね。その通りで完全に意味のない裏技です。

そんなことで使用できないってのはピント合わせができないてことでした。なので非対応ボディしかないならAF-Pは買わないようにしましょうね。
上で書きましたがこれはD90でのことで他の非対応ボディでは違う現象が起きるかもです。ご了承ください。
2017/7