スタジオセッション-015
販売価格12.999円(楽天ホルキン)製品HP http://www.fenixlight.com/ProductMore.aspx?id=2224&tid=8&cid=1#.WbKwbMhJarw 
Fenix Japanからのレビュー依頼品。フェニックスのタクティカルライトで標準的なモデルがこれでしょうか。ちなみにTKはタンクの略で「強靱性」と「高出力」が売りのシリーズってことのようです。
もひとつちなみにFENIXはけっこう前からある中国の懐中電灯メーカー。FENIXなら聞いたことあるって人も多いのではないでしょうか。もうLED懐中電灯のレビュー依頼なんて来ないだろうななんて思ってたらのFENIXからの依頼でびびってしまいました。まぁフェニックスだからといっていつもとレビューはなんら変わりませんが。

スタジオセッション-011
箱。けっこう大事なこと書き忘れてる気がするが、これは本体にUSB刺すことによって本体が充電器替わりになるタイプのもので、18650x1が付属してるものです。なのでこれ一個であとは買うことなく使用可能。

スタジオセッション-004
サイズ:約151.5mm×25mm×34mm重量:141g(電池別)素材アルミ
サイズや重さはよくあるタクティカルライトって感じ。テールスイッチでオンオフでサイドスイッチでモード切替というこれもよくあるもの。
モードはLow Medium High Turboの4モードでメモリー機能あり。どのモード点灯中でもサイドボタン長押しでストロボモードに。ストロボはメモリーされません。

スタジオセッション-005
違う方向から。クリップは外せます。

スタジオセッション-008
テール。スイッチと充電用のUSBがあります。テールにUSBがあるのは初めてかな俺がレビューした中では。テールスイッチがオフセットも初のはず。使用に問題ないけどこのスイッチオフセットがちょっと違和感あるね。間欠点灯は可能です。

スタジオセッション-009
USBのふたはこんな。マイクロUSBです。ふたは開けやすく締めやすくていいですね。

スタジオセッション-007
LEDはCREE XP-L HI V3。いわゆるのCWって色でいいはず。

スタジオセッション-010
電池はボディ内部に入ってます。
黒い紙みたいなのがマイナス端子側にあるのでそれを外さないと点灯しませんのでご注意を。
付属電池は18650の2900mAh。簡単に外れるのはテール側のふただけっぽい。

スタジオセッション-012
付属品:ランヤード・ストラップ、ホルダー、スペアOリング 。ホルダー撮り忘れちゃった。

画像1-1
カメラ設定 ISO800 SS1/30F3.5 WB5000K固定 焦点距離28mm 壁までの距離約3m

明るさ / 点灯時間
Low: 10 Lumens / 135h
Medium: 150 Lumens / 11h 30min
High: 350 Lumens / 4h 20min
Turbo: 1000 Lumens / 2h

いつものテスト。タクティカル系なんで狭めな配光になってますね。その分距離は飛びそうではあります。最大距離は310mだそうな。
ルーメン値も過去のテスト結果から数字くらいはでてるはずです。

スタジオセッション-003
スタジオセッション-016
さてレビュー。さすがフェニックスという作りの良さを感じますし強度ってのも今までのものよりありそうに感じます。ライフルのレールにつけるホルダーの穴の大きさが25.4mmのものにピッタリはまるのもいいところ。普段とサバゲー兼用を考えてるならいいのかもです。テールスイッチのオフセットが気にはなるが慣れの問題で解決できるしょう。無難ではあるが完成度が高くスキがないライト。

ネックは価格ということになるかな。1000ルーメンクラスでも安いのはゴロゴロしてる時代ですしただ明るく照らすだけならこんな高いものってことになりますしそれを否定もできないですが、よくわからねー中華メーカーなんて信頼できない、少しでもいいものをというならいい選択にはなるんじゃないでしょうか。
Fenix Japan twitter https://twitter.com/fenix_japan
2017/9