DSC_3686
購入価格5.430円(パソコン工房yahoo店)製品HP  http://www.scythe.co.jp/cooler/scnj-4100.html 
サイズのCPUクーラーで清音重視モデルと言われるものです。普通に使ってる分には付属クーラーでも問題なかったんですがPUBGしてたら3000rpm以上でずっとフル回転で大爆音。マイクに音が入ったり、ヘッドフォンしてPUBGしてるがヘッドフォン越しでも音が聞こえ敵の車が来た音?と思ったらCPUファンの音なんてこともありこりゃさすがにクーラー変えないとダメだなと。
クーラー選びは紆余曲折があったが清音が目的なんだからそれ特化しちゃえよとケーススペースに余裕あるしでこれになりました。
リビジョンBてのは AM4 RYZENに対応するプレートが入ってるもの。RYZENじゃないならただの忍者4で問題は無いが取り扱ってるところが少なく値段も高いのでリビジョンB買うしかないのよな。
製品HPだとリビジョンBは販売終了になってるが今のところ(2017/10)まだ買えます。

スタジオセッション-101
箱。

スタジオセッション-090
クーラーとファン以外の付属品。ファンクリップx4、マウンティングバー、ネジ大x2、ネジ小x4、マウンティグプレート、バックプレート、スタッドナットAx4、スタッドナットBx4、プラワッシャーx4、LG775用ゴムスペーサー、グリス、レンチ、ドライバー、アルミワッシャーx4でRYZEN用はネジx4、マウティングプレート、スペーサーx4となってます。右上のがRYZEN用で、インテルの人はこっちの袋はあけなくていい。
どれがどれかわかんねーよってことですが、製品HPのマニュアルをダウンロードして詳細は見てください。余分には入ってないので部品はなくさないように注意しましょう。

スタジオセッション-102
ドライバーはこの下の銀色部分がなが〜いタイプのもの。上のが普通のタイプ。以外に使い勝手いいドライバーでしたね。組み立て後もPC周りでは使いやすいそうです。

スタジオセッション-091
スタジオセッション-092
ファンです。写真はファンクリップはつけた状態になってて最初はついてないです。ファンは12cmのもので三段階に切り替え式。最大回転数が800、1150、1500と変わります。最低は全部300。

スタジオセッション-086
スタジオセッション-087
スタジオセッション-088
クーラーです。サイズは130(W)× 155(H) × 153(D) mm (付属ファン含む)まぁでかいです。
忍者ってことで手裏剣をモチーフにした形になってます。見るからに冷えそうではあるよね。

スタジオセッション-089
CPUと接するところには保護シールがあるんで装着時は外し忘れないようにしましょう。

スタジオセッション-094
スタジオセッション-095
ファンと合体させるとこんな。説明書通りにつければ手裏剣のほうに回転数切替スイッチがきて、ケースさえ開ければ簡単に回転数は変えられます。

スタジオセッション-098
スタジオセッション-099
CPU付属のクーラーとのサイズ比較。これだけのサイズさあれば冷却性能はダンチてね。

スタジオセッション-084
スタジオセッション-085
問題はマザボやメモリへの干渉ということでしょうか。のっけてるマザーはASUS P8H61-M PRO REV3.0。今のマザボだともっとクリアランス少ないが、写真のようにメモリがギリギリになる。今はヒートスプレッダ付きメモリが流行りだがそれは高確率で干渉すると思っていい。チップセットのヒートシンクが当たる場合もあるようです。
どのマザボが絶対大丈夫でこれはダメとかはわからんのでね。心配ならこれを選ぶべきではないのかもです。

DSC_3684
ケースへの干渉というのはATXが使えるものなら大丈夫だと思うのだが。ここらへんもなんとも言えないか。
ちなみに取り付けについては別記事で詳しく書いてます。すげー簡単とはいいません。記事みてアカンと思うならやめたほうがいいです。
http://momomhf.doorblog.jp/archives/1728596.html

22
さてレビュー。マザボのファン制御ソフトも使いPUBG一戦してのファン最高値が424rpmで温度は69度が最高。付属クーラーで3000rpm越えの温度75度付近までいってたので期待以上の冷却性能。
400rpmだと音はほぼ無音。つけてもけしても音の変化ってのはケース内に入れてるならほぼわからないです。
と大変大満足て書きたいのだがCPUファンの音聞こえなくなったらグラボのファンの音がめっちゃきになるように・・・。グラボは1000〜1500rpmまわるのでそれなりに聞こえるのよな。
もっと静かなグラボにとかそういう話は置いておいて、現状ここまでの性能のCPUクーラーは俺には必要なかったとも言える。おなじサイズのだと虎徹が売れてるが、虎徹だとちょっと非力かも?なんておもってたが静かなグラボじゃないなら虎徹で十分だったのよねって今更気づいたという。

よく冷えて静かならそっちのほうがいいだろてことだが、取り付けめんどくさいしそれこそ外すのもめんどいわけで。あと1500円くらいだけど高いしね。メモリなどとの干渉問題も大丈夫だとは思ってたが怖かったし。いろいろな心配とリスク抱えて高い費用までだしてこれを付ける意味とは?てことですね。
いいクーラーだとは思うがここまでのものが必要かどうかってのはよくよく考えてご購入くださいてことですかな。
2017/10