スタジオセッション-189
購入価格11.898円(グッドウィル楽天)製品HP https://www.sandisk.co.jp/home/ssd/ultra-3d-ssd 
2017/9に発売されたサンディスクの新しいSSD。64層3D NANDを使ったSSDということらしいです。
なんやそれ?てことですがよくよく調べたがよーわかりませんw しかし従来品より高速で高寿命の省電力ではあるみたい。
なんで買ったかていうとこのごろゲーム実況撮ってたりするんですがSSD500GB一個しかストレージないので容量不足てのもあるが、ゲーム録画はクライアントが入ってるのと別ストレージに録画のほうがいろいろいいみたいなんで録画用のSSD欲しいなと。安くて大容量のHDDでいいだろってことですがもうHDDは使えないっす俺は。それに容量はそこまでいらないのでSSD250GBくらいで探してて、250GB付近だと8000円以下なんてのもあるんですがいまいちシックリくるものがなく、今使ってるサンディスクSSDプラスでもいいかと思ったが、それじゃ面白くないし2000円プラスくらいでこっち買えるのでこっちにしてみました。

スタジオセッション-190
中身。前に勝ったSSDプラスについてたスペーサーは無く、本体と説明書のみです。スペーサー欲しい場合は別に用意しましょう。ネジってのも当たり前ですがないですのでご注意を。

スタジオセッション-192
スタジオセッション-191
スタジオセッション-193
スタジオセッション-194
見た目はこんな。プラスのほうと見た目はほぼかわらんです。

112
SSDというば定番の速度計測。CrystalDiskMark6.1でやってます。CrystalDiskMarkの5系とはテスト項目がちょっと違うので数値はよくみてね。
左が今回買ったウルトラで右が前買ったプラス。ウルトラは最大Read550の最大write530。プラスは530の445となってます。
プラスのほうはPCシステムに使ってますしデータも入ってるし使用して1年たってるので公平なテスト条件と言えませんがご参考までに。PCの全体のパーツ構成はこんな

シーケンシャル(連続の)読み書きはどちらも仕様通り出てますね。ウルトラのほうが若干速いですが仕様通りなんで問題なし。で2番目の項目からのランダム系ですな。これが思ったより差がでました。項目によっては2.5倍くらいの差に。うちのプラスが壊れてるってわけでなくおおむねこんな数値で正常ではあるみたいです。

さてレビュー。今のところ問題なく動いてるのでいいかな。そこまで差が出ないと思ってたベンチ結果に差がでたのが驚き。データ用SSDとして買ったがここまでランダムリードライトに差があるならOS入れ替えは考えたほうがいいよね。かといってめんどくさいのでやるかやらないか微妙ではあるが。

ウルトラかプラスかで悩んでる人はいると思うがウルトラとプラスの価格差はどの容量でも約2割ウルトラが高いということに。
予算にもよるけどけっこうベンチ結果の差がでてるので2割の価格差ならウルトラいったほうがいいのかなぁと。長く使うことも考えると高寿命ともいってますしすこしがんばってお金払う価値はあるんじゃないのでしょうか。悩ましいところですが俺の意見はこんなです。
2017/12