DSC_3872
先日一週間入院してきたのでそんな話を書きましょう。こんな事例もありますよって役に立つ人もいるのかも?てことで。
2018/1/15の0時ごろ。あ〜ちょっと調子悪いなぁいつもの風邪かと風邪薬を飲む。でちょっといろいろあって午前3時。強烈な悪寒に襲われる。座ってるだけでやっとで横になることもきつい。存在してるだけでキツイって状況に。熱を測ると39度。不幸中の幸いは下痢もなしの吐き気もなし頭痛やのどの痛みや腹痛もなし。熱と悪寒だけ。首すじや後頭部下、耳の下の耳下腺付近がちょっと腫れてるかな?とは感じる。(上の写真はイメージ写真で当時のものじゃないです)
これどうすっかなぁと。救急病院までは遠すぎるしそこまで車運転できる状態じゃない。救急車呼ぶかすごい悩む。
どうしようもないのでロキソニンを飲んでみたら熱がちょっと下がりなんとかって状態にはなりそのまま朝病院があくまで待つことに。

スタジオセッション-238
近くの総合病院へ。時期が時期なんで(1月)インフルエンザが一番流行る時期。高熱となれば最初に疑われるのはインフルエンザ。
てことで鼻に細長い綿棒突っ込まれ検査。結果は陰性。インフルエンザじゃないという結果に。ただしインフルエンザ検査ってのが発症してからすぐだと陽性でも陰性とでる場合があるらしく、自分は熱がでてから6時間ほどで検査したので、早すぎて出ないだけかもと。明日調子が戻らないか、戻ってもちゃんとインフルか確認したければまた来てくださいと。葛根湯とカロナールという解熱剤をもらい帰宅。

これ抗生物質飲まないとたしかなんもかわらんなぁと個人的な予想。その予想はずばり的中で、その日の夜になると前日とほぼ同じような症状で生きてるだけでツライって感じに。もらってきたカロナールがあんまり効かずでそれなりに時間おいて手持ちのロキソニンへチェンジ。いいことじゃないがこうしないと朝まで持たないので。ロキソニン飲んだらちょっと落ち着きなんとか朝まで持つ。ちなみに前日からほぼ寝てないというか寝れない状態プラス食べれない状態になってます。

朝になり病院へ。即インフル検査。陰性。これはややこしくなるパターンだなぁと。原因不明で無茶苦茶になるぞとここで覚悟が決まる。点滴を打ってもらい、その間に血液検査。
検査結果は白血球数が異常に多くて、強い炎症反応が起きてるということでした。原因はわからないがこのまま家帰ったところでどうしようもないだろうから入院に。
一回帰宅して軽く入院準備したかったが解熱剤効果がおわって歩くこともままならない状態で帰宅不能でそのまま入院に。2018/1/17の午後から入院になりました。

暖房ガンガンの部屋で超厚着して、ダニ退治モードの最強にした電気毛布にくるまるが汗ひとつでずそれでも寒い。

スタジオセッション-237
ここから点滴地獄に。栄養と抗生物質の点滴を退院までずっと流し続けることなりました。
そしてあんまり使いたくないとは言われたが40度近くまで体温がなると解熱剤を処方。解熱剤が本当効くというか楽になりましたね。ただし一日2回までと言われるし効いてる時間が大体7時間。切れるとまた生きてるだけでツライって状況に。
解熱剤が効いても寝ることはできず。横になるとなんか気持ち悪さがましてダメなのよね。ベットに座った状態てのがほぼ定位置に。食事は当たり前に喉を通らずというか一切の食欲がなくなり食べ物に口をつけるのも嫌。
水はジュースは問題なく飲めたりしました。といっても量はいつもの半分以下も飲めないですが。

そして入院初日の夜からなぜか下痢が始まる。最初書いたように下痢の症状は最初は無しで、症状でてからほぼ何も食べておらず、ついでになぜか入院してからの下痢発症。これも意味不明でしたね。
下痢というか肛門から水がただただ出るってものでした。これが1時間に一回。横になるのもきつく、フラフラなのに一時間に一回はトイレにいって逆噴射。こんななんで寝れるわけもなく。最終的に入院してる間はほぼ寝てないです。

下痢どうにかなりません?て先生に言うと、下痢は止めないほうがいいからね〜ということで対処無し。下痢を止めないてのはわかるんだが、40度近く熱あってフラフラの人が一時間に一回トイレにいって逆噴射してそれで睡眠が一切できない状態なわけで。それで一切の対処無してのはどうなんだろうかと。じゃー病院食止めてみましょうかと。刺激がないなら止まるかもしれないのでって言われる。
あの〜刺激もなにも入院してから一切固形物口に入れてないんですが・・・病院食出ても一切手つけずなんですが、それで止めてどうなるのでしょうか・・・。といったが病院食は止めるてことに。もうただただ耐えるだけなのねとあきらめの境地に。

入院してから発症したものがもう一つ。ここ最近、頭皮失神がひどかったのですが、それが入院して爆発。爆発っていうとおかしいが、頭皮全体が腫れひび割れおこしたかのようになり、黄色の液体がだだもれでそれが固まってカサブタだらけの頭に。このころになるとのどの脇の腫れとか最初かいてましたがこれがドンドン上にあがってきて耳脇から頭皮という感じ。このころは顔の形が完全に変化。自分でみて誰かわからないくらいの顔になってました。

ここらへんも先生に強くいったのですが、耳下腺やリンパが腫れて熱が40度近くでるとなるとこれくらいの腫れじゃおさまらないんだよねぇと。どっちにしろそこらが原因でも治療は点滴での抗生物質投与になるんでなんもできませんってことらしい。

こんな状態で17、18、19と過ごすことに。点滴しながらベットに座って落ち着かないので上半身グワングワン動かしながら1時間に1回くらいケツから水が出そうになるのでトイレへ。テレビなんかも見れる状態じゃなくただただベットに座って耐えるだけの日々でした。

20日朝、解熱剤が切れてきついのでくださいと言ったら断わられる。熱さげるのはよくないよと。そんなの何回も言われてるしわかってるがなぁ、けどキツイんだからしゃーないだろとケンカする気にもなれず。
ただただ耐える。午後になり何言われたかわすれたが軽く看護師さんと討論になり、カっとなって汗がでる。ここからなぜかちょっと楽になる。相変わらず寝れないしゲリもしてるが解熱剤は飲まないでなんとかやっていけるように。といっても39度近くは熱ありますが。

ここから体調がやっと上向きに。徐々に熱もさがりゲリの間隔も長くなり完全ではないがおさまったと言える状態に、22日昼から病院食も復活。食べられるようになったなら退院ですかねてことで23日午後に退院となりました。
顔の腫れも完全ではないがおさまりました。退院時にちょっとというのはおしっこの間隔が早いくらいでしたかな。
そこから三日してほぼ八割というくらいには回復してこんなの書いてるという状況。

スタジオセッション-236
退院証明書みたが病名が急性胃腸炎に・・・。原因不明だったのでしょうがないが胃腸炎ではないだろうw 病名ってわからないとこういう風に適当になるのよね。
お医者さんが最後にこれかもねっていった症状はロタウィルス。激しい下痢と発熱と食欲不振てことで症状はがっつり合うのよね。子供の病気だが大人もかからんでもないし。とそうおもったのなら調べてくれればいいのに・・・。

スタジオセッション-239
あとあともらった明細を見ると梅毒に肝炎の検査までしてました。血液培養までしていろいろがっつり調べたようですのでな他にいろいろやったのでしょう。ガン関係とかもやってるんだとは思うが明細みてもよくわからんかったです。
ちなみにインフル検査は3回してますしノロウィルスもやってます。

スタジオセッション-235
入院費は一週間で約9万円。は?高くね?手術もしてないで9万て。よくよく見ると検査をがっつりやったのが高くついた原因かなぁと。
血液と画像検査で保険効いて約2万払ってるからな。ここが高くついた原因かなぁ。入院費もちょっと高いは高いんだがここらへんはしょうがないか。ちなみに個室じゃないよ。けど大部屋に一人だったんで実質は個室だったが。

そんなことでこんなでした。入院は人生で二回目でこういう緊急にみたいなのは初めて。そして一番きつかった病気でした。一週間というかその前後含めると10日くらい一切食べず寝ずの横にもなれずですからね。そして病名もわからず治るかもわからず。いやーひどかったす。こうやってブログ書いてるのがちょっと信じられないくらいです。そんなことでみなさまお体にはお気を付けを。そしてこの記事がだれかの役に立つことがあれば幸いです。

2018/1