スタジオセッション-230
販売価格11.990円(amazon)製品HP http://www.noontec.com/index.php/products/hammo-tv.html  
NOONTECからのレビュー依頼品。
送信機付きのワイヤレスヘッドホンってやつですな。テレビ用とはなってるがイヤホンジャックなんかがあればどんなものもつなげることは可能です。ヘッドホンだけでBluetoothでスマホなどとも接続可能。有線式の普通のヘッドホンとしても使用可能といういろんな使い方ができるヘッドホンとおもったほうがいいかな。

スタジオセッション-218
スタジオセッション-219
まずヘッドホン本体からかな。重さは約220g。ヘッドホンとしては小型な部類でしょうか。俺の場合は耳が完全に入るか入らないってくらいのもの。値段がそれなりにするので質感は悪くなくそれなりの高級感はあるかな。

スタジオセッション-220
スタジオセッション-221
スタジオセッション-222
いろんな方向から。クッションはそれなりの厚さ。ちょっと頭頂部は薄いかも?痛くなったりなんだりはしなかったです。
伸びますがすこし小さいと思う人もいるかも?かな〜り頭でかくないかぎりは問題ないとは思いますが。

スタジオセッション-223
左側にオンオフやボリュームなんかのボタンが。ちなみに有線で使用するとこのボタンは動作しないです。

スタジオセッション-224
折り畳みも可能。

スタジオセッション-226
次は送信機のほうを。最初に書いたが機器本体にBluetoothがあるものだとこの送信機はいりません。Bluetoothがないものとワイヤレス接続したいならこれが必要になります。

スタジオセッション-225
送信機のこのようにいろいろ端子口があってこれでワイヤレス接続したいものと接続。

スタジオセッション-231
基本的なつなぎ方ってのはテレビとつなぐとして、イヤホン端子と送信機をケーブルでつないで、あとは送信機用の電源を取ってつないで終了。

スタジオセッション-227
あとは本体の電源ボタンを入れて電源オンでヘッドホンの電源をオンにすれば勝手につながりワイヤレス環境の作成は終了に。送信機と受信機がセットだからこそのお手軽設定。この手軽さはいいですな。

スタジオセッション-234
イヤホンジャック以外にもRCA、いわゆるビデオ端子の赤白から音声とることも可能。SPDIF、いわゆる光オーディオケーブルも付属。これからも一応音は取れるはず。RCAの変換があるってのがすごいなって印象。接続を選ばない付属品はいいですね。

スタジオセッション-232
充電はこのよう送信機からやるって方法らしい。がコンセントにつないだものからもできるしPCのUSBからも一応取れるみたい?推奨はしませんがいろんな充電方法はできそう。

スタジオセッション-233
有線での使用はこんな風に、付属の紫のケーブルでそのまま機器とつなげばOK。このときは電源いらず。俺はPCとUSBのコンバーターでつなげてつかってたりです、

スタジオセッション-229
こんな感じでひっかけて収納ができます。
さてレビュー。音質についてか。テレビ用てことで基本的には中低音よりでフラット気味。音楽というより声を聴きやすいようなチューニングになってるなと。テレビ用としてはこれで悪くないというか聞きやすくていいです。逆に音楽用となるとちょっと不満を覚える人もいるかもね。音質どうこうを重視する人はあくまでテレビ用ってのはお忘れなく。
ワイヤレスに関しては送信機を使えば接続も簡単で遅延や途切れもなく、テレビで使う分にはノイズもなかったです。ワイヤレスの距離も必要十分ではあります。スマホに接続も問題なし。
有線での使い勝手も悪くなくというか当たり前ではあるが、有線だと電源いらないのはいいっすね。ちなみに有線でPCとつないでPUBGこれでしてますが、音の方向もわかりやすくいい感じです。有線ならけっこうゲーム向きかも。

ちょっとなてところは、充電方式がせっかく専用台があるんだからもうちょっとなんとかならんかったのかねと。置くだけでいいようにとか。送信機も充電式というか内臓バッテリーがあればよかったような。

こんな感じかな。接続方法がものすごいたくさんあるのが本当いいっすね。ヘッドホンの基本性能も悪くないですし。いろいろと一台のヘッドホンで済ませたいって希望ある人にはもってこいなのかも。
逆に、接続方法は決まってて使用方法もきまってるとなると、これじゃなくてもねって気はします。値段もそれなりに高いですし。
プレゼント用になんかいいのかなぁなんて思ったりもしますね。
そんなことでこんなヘッドホンもありますよと。頭に入れといてもいいかもね。
2018/1