DSC_3883
雪用ワイパーのお話を。上の写真の左が雪用ワイパーで右が普通の。
雪国だと常識?というか大体の人知ってる話ですが雪用のワイパーっていうのがあるんですよ。いろいろ調べるとあったかい地域の人だとそんなのあったのかなんて初耳て人もいるみたいですね。
てことでそもそも雪用ワイパーって何よ?どう違うのとかそれ必要なの?なんて話を書いてみようかなと。
注意点としては長年の経験で大半のことを書いてます。なので絶対に正しいってことは書いてません。それは違うこれは違うってことが出てくると思いますが、俺の経験上のお話ですってことはご理解ください。

DSC_3877
JWF、ワイパーの基礎知識のページより http://www.jwf.jp/knowledge.html 
まず雪用ワイパーって何?ってお話を。上の写真の下が雪用ワイパーで上が通常の。長さの違いはスルーしてください。助手席用と運転席用なので長さ違うだけなんで。
パっとみて大きな違いがありますよね。フレームのところがカバーされてるかされてないかっていう違いです。

JWFのページにも書いてあるように雪用ワイパーってのはフレームに雪が詰まったり凍結することでスムーズに動かなくならないようにカバーがついてるもののことです。
ブレードの素材が〜とかいろいろ書いてあるところもありますが、フレームがカバーされていたり凍結や雪づまりの対策さえされていれば雪用ワイパーと言える。
そういうことでブレードの素材や太さやらなんやらってのは各メーカーによって違いがかなりあるとも言えます。こだわりがあるかたはそこらへんの商品のスペックはよくよくご確認くださいということで。

DSC_3884
DSC_3885
なんで雪がつまったりや凍結の対策されてるの?と思う人もいるかもですな。ワイパーを自分で交換したことある人はわかると思いますが、ワイパーってブレード部分はやわらかいというか、かなりよく動くようにできてるんですよ。このように可動域を広くとることによってフロントガラスの湾曲に対応してワイパー動かしてもどの角度でもぴったりと張り付き、水を拭いてくれると。

DSC_3875
DSC_3874
写真は極端ですが、下の写真みたいに雪がフレームの間に入ってしまうと動きが制限されて、ガラスにピッタリと張り付かなくなり拭きムラが起きる。写真くらいがっつり詰まれば、ムラどころじゃなくワイパーの機能ってのはほぼ失われ、ワイパー動かしてもガラスの雪も水もまったく動かないなんて現象に。
雪以外でも水滴がフレーム稼働部に残って、それが低い気温で凍って稼働しなくなるなんてことに。走行中でもボッサボッサと降るくらいだと、フレームに雪が詰まっていきなりふき取り性能が落ちるなんてことも。そういうことで雪用ワイパーはフレームにカバーがしてあると。

DSC_3880
左が雪用ワイパー。右が普通の。雪用ワイパーはカバーさえしてあればそう言われるとは書きましたが、今だとほとんどブレードも雪用のものとなってます。低い気温でもゴムが硬くなりづらい素材をつかってあったり、写真みてわかるようにブレード自体が大型化されてたりしますね。重い雪を拭いてもブレードが曲がったりなんだりしないためなのかな。よーわかってませんすいません。

a74ca67a
雪用ワイパーって必要なの?という話に移りますか。写真は雪の日はワイパー立てたほうがいいの?って記事で使った写真。
細かい場所は絶対いいませんが、俺の住んでるところは豪雪地帯でいいのかな?ちょっと行くと全国でも屈指の豪雪地帯ってところ。そこから比べるとかわいいものですがそれでも1M越えの積雪になってもみんな普通に何事もなく生活しちゃう地域。

写真みてわかるとおり普通のワイパーですね。そして今回は雪用ワイパーに変えましたが2月になる今までは普通のワイパーですし昨シーズンも雪用ワイパーは使ってません。というか雪用ワイパーを自分で買ったの今回が初めてです。
しっかりと統計とったわけじゃないし調べたわけでもないが、走ってたり駐車してる車見る限り、全員が雪用ワイパーにはなってない。7割?8割?もっと少ないかも、そんな装着率の印象。2月前に雪が降ってなくてもスタッドレスタイヤに変えるのは普通のことというか変えないやつはバカなの?くらいのことですが、ワイパーについては、みんなあまり言及しないというか雪だからタイヤについでにワイパーも冬用にって絶対やってる人は少ない印象です。印象なんで絶対ではないです。

個人的に雪用ワイパーをつけるって優先順位はかなり低い。雪用ワイパーに交換しなくてすごく困ったことってのが今のところない。ちなみに運転歴はそれなりに長いですし子供のころ親の運転する車に乗っててとかの経験も含めて。
拭きムラは起きるは起きるが、雪用にしなかったというよりワイパーがもう寿命でってことが多いし、雪用ワイパーでもムラは出るときはでる。

街乗りメインでスキーやらなんやらでの遠出はあんまりしないからってのもあるかもですし、うちの地域よりかなり寒い地域だとダメな可能性ってのはありますが、ただの豪雪地帯に住んでる俺の意見は、雪用ワイパーは必須では無い。

321b513d
雪の日ワイパー立てたほうがいいの?のところで書きましたが、ワイパーよりまず大事なのがフロントガラスの雪をしっかり片付けたり解凍って作業。そしてガラスを解凍するときにワイパーのフレームも雪が詰まってたり凍ってたりしないかの確認と、そういう状況なら雪や氷の解凍作業をしっかりやるのが大事。
それ以前に、ワイパーのフレームも凍らないようにカバーをつけてやるのが一番。走行前にワイパーが問題ない状態であればほぼ問題は出ない。走行中ワイパーフレームが凍るとか雪が詰まるなんて状況は、天候と気温がひどすぎる状況にならない限りはならないはずというかそこまでになったことは俺は無いのよな。運がいいだけかもだが。
そういうことでまずは乗る前にしっかりとワイパー含め解凍作業が大事ということで。

雪用ワイパーなんて意味なしでいらねーよみたいな流れになってますが、そんなことは無く。交換できるなら交換するに越したことはなしですし、タイヤと一緒にワイパーも冬用にするのが理想的
ただし、雪国では雪用ワイパー使ってない人はいないとか、雪が降ったらワイパーは雪用にしないと絶対ダメなんてことは無いってことです。年一で雪降るような地域ならワイパーはそのままでいいですし、スキーやなんかにいくのにどうしようか迷ってるっていうんだと難しいところですが、お金に余裕あるなら交換してもいいですし、余裕ないというなら水筒にお湯というかぬるま湯みたいなの入れといて、フレームが凍った場合に溶かす準備はしておけばいいんかなと。

ちなみに冬が終わったら交換するのか?ってことですが、そのまま夏も使っちゃうって人けっこういるかな。タイヤも夏もスタッドレスそのままなんて人もよくいるんでワイパーそのままはもっといるかなと。デメリットは速度だすと問題がでたりするようだが法定速度内だと問題はでたことないです。

こんな感じですかな。なんか書きたかったことが書けてないというかまとまりがないというか本当文章能力なくてすいません。
そういうことで最初に書きましたが経験上のお話で、絶対あってるわけでないですのでそこらへんがご理解ください。
2018/2