DSC_4364
購入価格1.150円(amazon)
レシプロソーの替刃です。枝や木工用ってなってるもの。WORKPROはグレートスターっていう中国の工具メーカーのブランドの一つでいいはず。今後よく見るメーカーにはなりそうですね。
レシプロソー買いましたが、刃がいまのところ二本で一本死にかけ。予備がないと不安だなと。買い増したゼットソーをまた買えばいいんだが、それじゃ面白くないのと安くて雑に扱える刃が欲しかったのでアマでは一番安かったと思われるこれを購入。

DSC_4366
パッケージはこんな。5本の刃がきっちりとしたボール紙の箱に入ってるてだけ。最小限のパッケージですね。

DSC_4367
一本足らんがこんな感じで一本一本ビニール袋には入ってきます。このビニール袋から出すのが引っかかって出しづらいていうね。

DSC_4368
DSC_4369
長さは230mm、幅19mm、厚さ1.3mm。山数は5山。山数ってのは1インチの中にある歯の数ね。5山ってのは見ての通りかなり粗目。
根本はゼットソーと同じ見ての通りの形状なんで、リョービやマキタなど有名どころのレシプロソーなら問題なく使えます。うちの高儀のでも問題なく使用可能。

DSC_4370
ゼットソーの枝切り用が厚さ0.9mmなんで0.4mmほどこちらのほうが厚い。0.4mmですがかなり厚く丈夫に感じられますね。

DSC_4372
あさりっていう横への飛び出しがかなりある。刃の厚さもあって切ってるものの間にひっかかるってことは少なく感じました。

DSC_4360
DSC_4362
試し切り。上がWORKPRO。下がゼットソー枝切り。一目瞭然の切断面の違いてね。枝切り解体用というならいいが木工用だとちょっときついかもねこの切断面は。
切れ味もゼットソーとくらべちゃうと切れないですが、高儀のレシプロソーに付属の刃とはどっこいどっこいかな。

DSC_4365
塗装や印刷はすぐ消えてなくなります(笑)

さてレビュー。俺が買ったので一本220円くらいか。切れ味は価格なりですね。切れなくはないがいいわけじゃけっしてないです。耐久性がないように感じられたが、ちょっと切れ味落ちたくらいからかなり長持ちしますね。
あくまで解体用でサブやひどい使い方用でしょうな。最初の替刃っていうならおすすめはしないですね。メインもあってのこれならいいですが。
悪いことばっかり書いたが気がするが、さきほど書いたように板厚があるんでけっこう無茶な感じに使っても問題なし。あさりもかなりあるんで挟まってるはまずしない。木材系なんでもかんでもバラバラにするっていうならいいと思いますよ。もしへんなの切っちゃって刃かけても一本200円だしね。そんなことで解体用の刃お探しなら悪くはないのかな。
2018/6