DSC_0052
うっほ傷だらけ。
ボブルビーって一回は聞いたことあるでしょうか。2000年はじめのころに流行ったバックパック(リュック)がありましていまでもあまりないですが全面プラスチックでカバーされたまるで背負ってる人は亀にも見えるとニュースになったりしたのがボブルビーのメガロポリスというもの。
こんなのね。(公式サイトにとびます)みたらあーあったねと思う人もいるでしょう。
それの小型版というか携帯というか今でいうアイフォンなどにちょうどいいような小物入れというコンセプトで作られたのがこのアニアラ。
写真のように傷だらけなんでお分かりでしょうが買ったのは3年前。
時代がアイフォンに代表されるようにスマートフォン時代に入りつつあり、ゲームも携帯ゲーム機のほうが幅を利かせる時代。
そんなとき困るのがそれらを入れるケース。そんなケースを買おうとしている人たちの選択肢の一つになればと記事に。
ぶっちゃげ昔に記事書こうとして忘れれて書きたくて無理やりいまどきに書いてますってことです。

DSC_0062

なんでアニアラ買ったかというとこの携帯というかPHSのため。
2006/7に発売になったW-ZERO3 [es]のため。
買って後悔した携帯(PHS)ってこれだけだな・・・とその話は置いといて。
これがどうしてもこのときに欲しくてね買ったのはいいがでかいのよ中途半端にポケットには入らないし、バックもいつももってなかったし、このときというか今もだが移動手段はバイクメイン。液晶もタッチパネルだし高いモノだったんで壊したくない傷つけたくない。ならなんかいいケースないからしらと探して出てきたのがこのアニアラだったということ。
DSC_0063
もともとこのアニアラはなぜかこのW-ZERO3シリーズがぴったりなケースとして有名に。(有名なのはW-ZERO3使いの間だけか)
写真のようにぴったりフィット。
たしか一年くらいW-ZERO3つかってましたが写真のように傷ひとつなく使い切ることができました。
DSC_0049
昔話はそろそろやめにしてアニアラのちゃんとした紹介を。
公式サイトはこちらhttp://www.boblbee.jp/products/group_detail.cgi?group_id=bob-aniara
生産中止になるとページなくなるかもですのでご注意です。
みてわかるとおりボブルビーの伝統のハードシェルがこのアニアラにも。メガロポリスなどが親亀ならこれは小亀ということです。一番上の写真を見てわかるとおりこのハードシェルが傷だらけになってきっちりと中にはいっているものをっ守ってくれっます。これつけてバイクで転んだことはたしかないが、壁にバッカンバッカンなんどもぶつけたりしてる俺ですが中のもの無事でした。
DSC_0059
DSC_0056
俺は付属のカラビナで腰につけてましたが、ポシェットとしてもつかえるようにストラップもついてますし。ベルトループもついてます。
あとはボブルビーのほかのバックとも連結できるような工夫が。
開け口は、今ある意味はやりのビリビリマジックテープ。
この蓋がけっこういいつくりでね、腰につけてるときなんかはさっとものがとりだしやすく、そして蓋もかってにもどる。スマートフォン入れとしては本当よいいれものです。
DSC_0065
こんなふうにぶら下げて俺はつかってました。
俺はほんとうものをひどくあつかうもので、これだとまちがって踏んでもすわっても大丈夫だったという。
俺みたいなダメ人間のための小型バック。
DSC_0064
ちょっとの間使ってなかったのですがこのごろはこんな風にデジカメと携帯を一緒にいれてます。
よくある二つ折りの携帯と今のデジカメならこういう風に入るかな。
公式の仕様では
サイズ:H 17cm x W 10.5cm x D 5cm
約13cm x 7cm x 2.2cm程度の機器まで収納可能です。

となってますが、ギリギリというサイズなら縦15センチ横7.5センチ厚さ5センチくらいまでいけます。ただものによっては入らないかもなんで推奨サイズ意外は自己責任で。

スマートフォンならだいたいのものは余裕でしょう。
携帯ゲーム機もDSはDSiLLじゃなければ大丈夫。PSPはGOだといけそう。
コンパクトデジカメだとこれもほとんどいけるかな。いわゆるハイエンド機でもCanon S90GR DIGITAL III は入ります。
PSPなどもうひとまわり大きなものを入れたい人はBOBLBE-E AERON POCKET(エアロポケット)という新型バックのほうに。
エアロポケットのほうも悪くは無いね。金あったら欲しいです。

価格は定価で6500円くらい。高いですwそれなりの大きなカバンかえますしそれようの専用ケースだったり違うようなケースならもっと安い。そしてオークションにあれば安いのだがほとんどでない。
だれしもに勧められる携帯ケースとは言えないのが本音ってことで。
ただその価格だけに保護性能はばっちりということだけは俺が保証します。このケースにだけ入れてれば絶対中身は安心と俺は今思えますしね。そういう安心を買えたと思えばいまは安かったのかなとさえ思えます。

ちょっと大きくて何にに入れよう?と考えたときにこんなケースもあったなということを頭のすみに入れておいてもらればうれしいですかな。
カメラ機材一覧へ