モモンハン日記

趣味のもののレビューが中心のブログ
レビュー依頼など各種問い合わせは
カテゴリ一番下からどうぞ

カテゴリ: レビュー:依頼品

DSC_0814
その4はこちら。
午後4時ディスカッションも終了で体験会も無事終了。
お土産を最後にいただきました。画像のジャックフロストの紙袋に入ったものを。
中身はPSP版「ユグドラ・ユニオン」体験版、「ユグドラ・ユニゾン」「エクシズフォルス」のたしかA1サイズのポスター。ディレクターの若海氏、サウンドの林氏。ローリング内沢氏のサインいりナイツ・イン・ザ・ナイトメアポスター。クリーナー付きナイツストラップ。今回の記事で使った画像などの素材が入ったCD-Rなどでした。この紙袋に一番興奮しちゃったw
それよりも手渡してくれたアトラスの広報さんだと思う方が美人で・・・今気づいたが女性ってその場にその人だけだったな。
※この記事はスティングが開催したイベントに参加して書いています。本イベントへの参加および記事掲載は無報酬です。事実誤認の修正ならびに本文章の掲載以外、メーカーから記事に対する関与は受けていません。 【ナイツ・イン・ザ・ナイトメア体験会  ラスト】の続きを読む

DSC_0809
その3はこちら。
午後3時。
ゲーム体験も終わってディスカッションタイムとなりました。
左からスティング広報の富田氏。ディレクターの若海 渉氏。ナイツ・イン・ザ・ナイトメアの応援団長でもあるローリング内沢氏です。
ってローリングさんがいるぅ。公式ページに内沢さんの名前があったのでもしかしたら体験会でお会いできるのかな?とおもったらいらっしゃいました。モリガンさんのことを書いたときに書きましたが、ファミ通みて育ってきた俺。昔ローリング内沢さんがファミ通でレビューなど書いていたころに一番読んでいたわけで、また緊張でへんな汗が・・・
※この記事はスティングが開催したイベントに参加して書いています。本イベントへの参加および記事掲載は無報酬です。事実誤認の修正ならびに本文章の掲載以外、メーカーから記事に対する関与は受けていません 【ナイツ・イン・ザ・ナイトメア体験会 その4】の続きを読む

チュートリアルミッション_1
その2はこちら。
「不安」しか書いてないその2までですが、やっとのゲームプレイのことに。
さてどうしようかと悩んだ挙句、スタート画面でゲームスタートの下にチュートリアルの選択肢が。ゲーム内でもそのつどチュートリアルミッションがはさまれるのですが、まとめてチュートリアルを受けたいなと。
やりながら覚えるのがいいんですが、限られた時間でできるだけ理解するにはこの選択かなと。
※この記事はスティングが開催したイベントに参加して書いています。本イベントへの参加および記事掲載は無報酬です。事実誤認の修正ならびに本文章の掲載以外、メーカーから記事に対する関与は受けていません。 【ナイツ・イン・ザ・ナイトメア体験会 その3】の続きを読む

DSC_0801
その1はこちらです。
ということでゲームサンプルのUMDを渡されゲーム試遊開始。
PSPをカバンから取り出す。このとき借り物、今俺のもののPSP1000登場。すぐに「1000じゃないですかそのPSP」とつっこまれる。
「いやぁあえて1000かなと」なんていってみる。あえてもなにもなんですがね。
※この記事はスティングが開催したイベントに参加して書いています。本イベントへの参加および記事掲載は無報酬です。事実誤認の修正ならびに本文章の掲載以外、メーカーから記事に対する関与は受けていません 【ナイツ・イン・ザ・ナイトメア体験会 その2】の続きを読む

タイトルロゴ
PSPで4月22日に発売されるナイツ・イン・ザ・ナイトメアの体験会にいってまいりました。そのレポ記事を。「あんたMHFブログだろ?」ここの読者さんは分かっているようにそんな縛りここには昔からありませんw
発売前体験会っての初めていったのでいろいろと大変でしたが、体験会というものの雰囲気やこのゲームを感想なんかを「オレなり」で書いてみようかなと。記事は3回ほど上げるはず。3記事でおわればいいけど。
モンハン関係ないけどみてってや。
ナイツ・イン・ザ・ナイトメア(PSP)公式ページ
http://kn.sting.co.jp/

※この記事はスティングが開催したイベントに参加して書いています。本イベントへの参加および記事掲載は無報酬です。事実誤認の修正ならびに本文章の掲載以外、メーカーから記事に対する関与は受けていません。 【ナイツ・イン・ザ・ナイトメア体験会 その1】の続きを読む

DSC_0509_01
なんかこのゲームやる機会に恵まれたので、ちょっくらレビューを。
2010/3/4発売。PS3とXBOX360版があります。
前作はよくしらないが、バイオショック2のいろんなところで見る評価はかなりいい。ファミ通のクロスレビューでも35点でプラチナ殿堂入り。
「これをやらなきゃ損をする」とまでいわれている。
さてそんなにおもしいろいのか。正直めちゃめちゃおもしろいゲームには見えないわけです。そんなこんなでまずファーストレビュー。 【BIOSHOCK2(バイオショック2)レビュー】の続きを読む

このページのトップヘ