モモンハン日記

趣味のもののレビューが中心のブログ
レビュー依頼など各種問い合わせは
カテゴリ一番下からどうぞ

カテゴリ: PCのTIPS

DSC_2486
2011/2発売 価格は9000円弱(2011/11)第2世代インテルCoreプロセッサーでコードネーム「Sandy Bridge」(サンディブリッジ)といわれてるシリーズ。これはLGA1155の第2世代Core i3シリーズといわれるもののひとつで2100は省電力版をのぞくと最下位モデル。
BOXってなってますが説明書によると封印されたオリジナルパッケージに入ったものはボックス版って呼ぶそうです。でそのボックス版には3年間の保証がついてるそうな。けどほとんど壊れないだろうし壊すようなことすると大体が保証をうけられそうな気がしない。 【Core i3 2100 BOX BX80623I32100】の続きを読む

イメージ1511
Windows 7 Enterprise 評価版というのがありまして簡単に言えばWindows7の90日間お試し版。
http://technet.microsoft.com/ja-jp/evalcenter/cc442495
でここからダウンロードできるのですがダウンロードできない自体に遭遇。でそれの解決方法を。
解決方法といってもソフトやハードの問題は一切絡んでないのでそちらが問題でダウンロードできない場合は知りません。
ちなみにWindows 7 Enterprise 評価版の認証は2011/12/31まで。この日が過ぎるとたしかダウンロードできません。ダウンロードできたとして認証できないので使えません。

今回はWindows7の評価版の話ですが8もそろそろなわけで8評価版ってのがでるなら同じようになるかも? 【Windows 7 Enterprise 評価版 ダウンロードできない】の続きを読む

画像1
さてひどいタイトルですが2年前くらいにMHFもできるPC選びなんてもの書いてるのですがたまにアクセスあるようなので記事のアップデートでもしましょうかと。
上の画像はMHFのいまの推奨スペック。MHFのトップページから(http://cog.mh-frontier.jp/)動作環境の確認で見れます。
今回の目標としては推奨スペック以上でできるだけ安く。推奨スペックというかいまの俺のPC以上か同じくらいが目安。もう石になりかけのへっぽこPCですがMHFやるには余裕なんでいい目安にはなります。
そしてやっぱり値段が大事。ただし安くしようとしてるのでちょっとデメリットもありますがね。それはおいおい。
まぁいろいろと問題がありそうなパーツ選びになりそうですがタイトルどおり妄想ですので参考程度にってことで。

【MHF用PCを自作でもするかなとパーツを選んで妄想する(F2版)】の続きを読む

DSC_2040
発火と炎上はしてませんが一歩手前だったということで。PCがおかしくなった原因とおもって最初に交換した電源。実際はこれが原因ではなくグラボだったんですけどね。しかし分解してみて交換しておいてよかったとおもうことに。
POWER MANの430w電源。POWER MANってのがなぞのメーカーなのよな。一時期のBTOパソコンによく使われてた電源みたい。オークションなんかにたまに出てますね。
分解はとても簡単。ネジ数本はずすとパカっと蓋がはずれ内部に到達できます。電源を分解するよりPCケースから電源はずすほうがめんどくさいとおもうはず。
ファンはコネクタで基盤についてて蓋のほうに固定。こんな感じの構造に大体のPC電源がなってます。 【PC電源の分解 掃除 発火 炎上】の続きを読む

DSC_1947
グラボの性能は日進月歩。でPCでゲームしてるとつきものなのがグラボの交換。NVIDIAからエヌビディア、エヌビディアって読むんだよね最初読めなかったってそれはおいておいて。Radeonからレイディオンかラデオン。レイディオンが正式な読みらしい。ラデでいいっすけど日本じゃ。ATIもいつのまにか買収されてAMDだしね。
これもおいておいて。同じメーカーでグラボ交換するならただつけかえるだけで問題がでることは少ないがメーカーを変えるとそのまま交換では問題がでることが多くなる。
とくに今(2011)はNVIDIAからRadeonって人が多いのではないでしょうか。ということでそういう場合のやりかたってのを。NVIDIAからRadeonで書いてますが逆でも同じ。そして同メーカーでも調子悪くなることあるんで同じようにやると調子よくなったりします。 【NVIDIA GeForceからAMD(ATI)Radeonへのグラフィックボードの載せ換え】の続きを読む

イメージ176
ダウンロードサイト
http://portableapps.com/apps/internet/skype_portable (たしか作成元。英語のサイト。)
http://skype-portable.softonic.jp/ (日本語のサイト、上と落とせるものは同じ。バージョンがすこしふるい場合があるようです。)
タイトルそのままのスカイプをUSBメモリから起動させるソフト。持ち運べるスカイプだからスカイプポータブル。スカイプが出た当初からUSBメモリからの起動というのはできました。PC用のスカイプにちょっと細工をしてメモリから起動できるようにしてたんですよ。そんなに難しいことじゃないんだけど正直めんどくさい。
でそのめんどくさい部分を取り除いたのがこのskype portable。ダウンロード場所からわかるようにスカイプ公式のものではなくportableappsってところが改造してくばってるってこと。スカイプ以外にもUSBメモリ用のソフトがいっぱいあるようです。
ということでスカイプ使用してる人はしっておくといいソフトの紹介です。 【USBメモリから起動できるスカイプ「skype portable」】の続きを読む

イメージ124
ダウンロードページ http://phyxion.net/Downloads/
このソフトを検索するとhttp://downloads.guru3d.com/download.php?det=1655このページがでますが旧サイトだそうでダウンロードできないそうで。
で一番上でもダウンロードできないときはこちらへ
http://download.cnet.com/Driver-Sweeper/3000-2094_4-75219868.html
正確にはドライバ削除支援ソフトかな。最初からこれでドライバを消すのじゃなくドライバをコントロールパネルなどから消してそのあとに残ったドライバの残骸を消すというのが目的。
このソフトがよく使われるのはグラボのドライバ関係で。7やVistaでだいぶ安定はするようになったみたいだがグラボのドライバってのはちょっとしたことで不安定になったりするもの。なもんでグラボを乗せ変えでメーカーかえるとかするとトラブルがつきものに。
メーカーを変えなくても累積した過去のドライバが悪さするなんて事例もあったりします。そういうトラブルをなくすためのソフト。
サイトは英語ですがソフトは起動後に言語ってので日本語選べば日本語化しますので安心してお使いください。

【ドライバ削除ソフト Guru3D(Phyxion.net.) Driver Sweeper】の続きを読む

IMG_0792
いまさら俺が書くことじゃないがあとで必要なので。
セーフモードってのは最低限のドライバや機能だけを動かしOSを動かすってもの。ほかにいろいろ使い方はあるがPCに問題があるときにセーフで起動させデータを救ったりなんて使い方が多いかと。
「起動できない」なんてタイトルにしちゃったがそういうのも含めていろいろとセーフモードの起動のしかたを。 【セーフモードが起動できない】の続きを読む

DSC_1869
正確なタイトルはATXミドルタワー以上のケースにmicroATXのマザーボードは搭載できるの?てこと。初めてマザーボード(MB)やケース買い替えようかな?自作しようかなって考えたことある人だとちょっと悩むことだったりします。
上の写真のケースはクーラーマスターのCenturion 531というATXミドルタワー。サイズは208×442×485mm(幅×高さ×奥行き)ミドルタワーといっても厳密な基準はなく高さが450mmくらいでATXのMBがスッポリ入り電源とかとも干渉しないでちょっと余裕がある感じのものが多い。ということでATXマザーがすっぽり入ってますね。 【ATXケースにmicroATXのマザーボード】の続きを読む

DSC_1873
パソコンのCPUとCPUクーラーの間にはシリコングリスを塗ることになってます。理想はグリスなしでCPUとクーラーをつけること。しかし凄腕職人さんがミクロン単位ですり合わせしないかぎり目には見えないかもしれないが絶対に隙間ができそこに空気の層ができてしまう。空気ってのは熱伝導率は非常に悪くそのすこしの空気の層が断熱材の役目をしてしまいCPUの熱をうまくクーラーに伝えられず冷えなくなる。
その小さな隙間を埋め空気を追い出し設置面積を増やし熱を効率よくクーラーに伝えるのがシリコングリスの役目。
大事なのはわかるが塗り方わかんねーよってことに。PCの組み立てってのもかなり簡単にはなったんですがこのグリスのところだけは非常にアナログな作業でなんか難しく感じてしまうところ。
それにCPUに触るわけでとても怖いわけっすよ。そんなことで自分なりのやりかたを書いておきましょうってことです。ひとによりさまざまなやり方ありますので一例って感じで読んでくれればなと。

【CPUのシリコングリスの塗り方】の続きを読む

DSC_1916
パソコンのCPUにCPUクーラーを取り付けるときはシリコングリスを塗りましょう。ってのはちょっとPCに詳しくなると常識といえることですがこのブログで登場回数が多いシリコングリスは潤滑剤のもの。
バイクのブレーキパッド交換のときに使ったり、バッテリーのターミナル保護。あとはカメラの雲台のメンテにも使いました。
で俺はシリコングリスっていわれると身近にあって馴染みがあるのは潤滑剤のほうで写真の上のスリーボンド製のやつ。でPC用のシリコングリスも安くないわけで代用できて買わないで済むならそれにこしたことはない。
ちょっと前にPC用のグリスも買ってるわけで代用できなかったんですけどね。なぜ?みたいな話を適当に。 【潤滑剤のシリコングリスをPCのCPUに代用できるの?】の続きを読む

イメージ058
Catalyst Control Center(カタリストコントロールセンター)はAMD系GPU、いわゆるRadeonシリーズのディスプレイ設定やオーバークロックなどGPUの設定ソフト。ディスプレイドライバとかといっしょについてくるものっすね。
でいつものようにGPUメーカーのサイトから最新のドライバをダウンロード。で設定をいじろうかなとおもってCatalyst Control Centerを開いたら英語。ちなみにインストールウィザードはちゃんと日本語だったりします。そういうこともあるんであせる。で言語設定があるだろうと思うと無い。でぱにくる。
で日本語化は?ってことになるわけです。というか日本語のやつみたことあるしあるはずってことで。
正確にいうとよくある日本語化みたいにパッチを当ててってわけでなくちゃんと公式に日本語のものがある。しかしこれがややこしいというかミスりやすい構造になってるので日本語にならないよってことが多くなる。
たしかNVIDIAからAMD、GeForceからRadeonにした人は大体ミスるきがするんだよね。まぁ俺のことですが。
ちなみに2011/9の仕様。いろいろと変わる場合があるんで同じようにはできない場合があります。 【Catalyst Control Center 日本語化】の続きを読む

DSC_1932
WindowsOSはなにかしらの方法でライセンス認証しないとそのうち使えなくなる。で普通だとネットにつないでオンラインでクリック一発で認証できるができない場合もある。そうなると次はマイクロソフトに電話をしての電話認証という方法に。ということで今回電話認証したのでそのことを書こうかなって。
今回電話認証になった自分の状況は、OSはWindowsVistaのDSP/OEM版で前にライセンス認証したPCの状態からマザーボードを入れ替えOSをクリーンインストールしてオンライン認証に失敗しての電話認証という流れ。で2011/8のお話。
さて、このライセンス認証問題、特にOEM版を使っての認証はいろいろとややこしくデリケートな話題。書きたいことは山ほどあるが個人的には確定した情報が得られず、憶測で書くと誤解を生みますし不正行為の助長ともなりかねないので電話認証ってこんなでしたよってことだけ書いてますってことでよろしくお願いします。 【Windowsライセンスの電話認証】の続きを読む

DSC_1925
PCの不調の原因だったグラボ。これのせいでかなり振り回されました。グラボの故障といっても原因は上の写真の右下のコンデンサの破裂。このコンデンサが絶対に壊れるといわれるほどひどいものってのはあとで知ることに。
ということでグラボが故障するとこんな症状がでますよってことを書いてみようかと。人によってグラボが壊れたときの症状はそれぞれですが当てはまるって人もいるでしょうし。
でこのグラボはXFX製のNVIDIA GeForce9600GT。OCされてないもの。2万円くらいのものだったみたいね。もらいものなんで価格は知らないです。で約3年使って壊れました。やってたゲームはMHF。そんなにハードに使ったとは思ってない。使用環境はエアコンなしの部屋で夏は灼熱、冬は極寒。そんな地域。

【グラフィックボード(VGA)の故障(コンデンサ破裂)による症状】の続きを読む

DSC_1847
PCの電源をオンしてWindowsが立ち上がると毎回パスワードの入力を要求されるって人もいらっしゃると思います。これが普通って思ってる人もいるかもですが他人のPCだったりPC新しくしてみるとパスワードがなく自動でログインできたりする。ということでこのログイン時にパスワード入力が必要か不必要かってのは簡単に設定ができます。それのやりかたを。
個人情報が詰まってるのでパソコンの自動ログインってのは本当はおすすめできないのですが1人暮らしで家でパソ使ってるぶんにはパスワード入力はただめんどくさいだけなのも事実。
ということで自動ログインはセキリュティ的にはよくないことですよってのは理解しておいてくださいね。
今回はWindows Vistaでのやりかたを書いてますがちょっとした違いはあるかもですが基本的にXPでも7でもやり方は同じです。 【Windowsで自動ログインを有効or無効にする】の続きを読む

DSC_1843
新しく買った電源の仕様ですが+12Vが+12V1 +12V2って分かれてますよね。こういうのが+12Vが2系統に分かれているもの。2系統が最大でなくて+12V4まである4系統や6系統ってのもあるようです。でなにも分かれてない1系統ってのもありますというかそれが一番一般的かしらね。
なんで分けてあるのか。メリットデメリットは?みたいな話を。 【PC電源の+12Vの2系統や4系統って何?】の続きを読む

IMG_0777
その3はこちら http://momomhf.doorblog.jp/archives/1373457.html
トラブル日記もラスト。なんかいっつもサイドパネル開けてるのでもう閉めないでいいかなとさえ思ってしまう。
3枚のメモリ、3GBまで認識するまで回復したパソコン。朝起きてさっさと最後の4枚目を刺す。いつもというか前の経験からはこれで問題なく認識するはず。と電源オン。メーカーロゴで止まる。
あっれ???
「放置時間が足りないんだ」とまた根拠の無い理論展開で4枚目を抜いてその日はメモリ3枚ですごすことに。メモリ3GBあれば動作に支障ないというか4枚さしても32bitなんで3.25GBにしかならないしね。まぁいいやってことに。
このまま4枚目を刺さないでずっと3枚でやってるのが一番楽だったんだけどそれに気づくのはかなりあとのこと。 【続パソコントラブル日記 ラスト】の続きを読む

0a48ad04
その2はこちら http://momomhf.doorblog.jp/archives/1373443.html
俺の最終手段と心の支えのCMOSクリアでも直らなかった。これは本格的にやばいなと。本当の意味での最終手段のマザー買い替えを本気で考え出すことに。
どっちにしろすぐには手にいれられないので昔みたいに最小構成とかしてみるかーと。写真は昔にやった時のもの。
と「最小構成」というところからかなりてこずったトラブルが前にあったということをしっかりと思い出す。それが昔に書いたパソコントラブル日記。http://momomhf.doorblog.jp/archives/892006.html
ここでいろいろと自分の認識の甘さというか勘違いが露呈することに。で直すきっかけとなっていく。 【続パソコントラブル日記その3】の続きを読む

DSC_1844
パソコン電源の本体の横にはこんなシールが大体貼ってある。これは今使ってない古い電源のもの。仕様にもこういうの書いてありますがこれを見て全体の出力が430Wってのは一発でわかるがその下の四角の中の3.3Vとかいろいろわかれててなにこれってことに。V V Vってコンバ・・・おっとここでやめとくか。まぁなんにせよいろいろ分かれているのだろうと想像はつくと思います。ということでそれの説明。いつものように適当ですのでさらりと読んでね。 【PC電源の+12V +5V +3.3V -5V -12V +5VSBって何?】の続きを読む

IMG_0771
その1はこちらへhttp://momomhf.doorblog.jp/archives/1373392.html
いろいろあって不貞寝してられなくなったので現実と向き合うことに。そしていつものサブノートを取り出す。しっかしこのノートは本当丈夫。富士通だからかね。それとも値段が高いからかって値段が高いのはただ無知だっただけ。サブがないともっとあせるのだけどこれのおかげで精神の安定が保てます。PC使うこと多い人はサブはなんでもいいので持ってたほうがいいよ。
さっさとノートPCだせばいいだろということになるがいろいろアップデートとかあるのがうざくて。切れって話だがそれもねと。 【続パソコントラブル日記その2】の続きを読む

DSC_1840
パソコンにちょっと詳しい人だと聞いたことあるのが80PLUSって言葉。PCの電源を選んでるとぶつかりますね。昔はなかったんですが2009年の後半くらいからかなり見るようになりました。
簡単に説明すれば80PLUSプログラムってところがありまして(http://www.plugloadsolutions.com/80PlusPowerSupplies.aspx)英語のサイトです。ここが推進するプロジェクトで「交流から直流に変換する際の変換効率が80%以上」っていう規定をクリアして認証をうけた製品についてるのが80PLUSという上のマークなわけです。
で?
ってことよね。そういうことを軽く説明さ。PCを使う人、特に自作だったりに興味があれば知っておいて損は無いので。 【PCの80PLUS認証電源って何?】の続きを読む

DSC_1827
さてはじまりました「続パソコントラブル日記」なんだかんだ元の状態に戻すのに3日かかりました。アハハ・・・泣ける。確実にレアケースなんで誰の役にも立たないと思うがもしかしたらで役に立つこともあるさと書いておきましょう。俺がまた同じようになったときのメモでもあるんですけど。
今回は電源交換から始まったトラブル。最初からついてた電源が暑さと経年劣化でへたってきていきなりの再起動の原因となってるだろうと思い新しい電源にすることに。交換してからはいきなりの再起動はないので原因はあたっていたのだろう。
PC詳しい人ならよくわかると思いますが電源交換は作業的に簡単でトラブルはおきづらい。コネクタの刺さりが甘いや刺し忘れとかそんな物理的なトラブルが多いもの。そういうのは慎重にやれば起きないトラブルなんで今回は楽勝だろうとそして起動しなくなっても放置しておけば直るし、何度このPCのトラブルと対決してると思ってるじゃっとかなり強気。今考えればその強気が最終的なつめの甘さとなったのだろう。 【続パソコントラブル日記】の続きを読む

無題
ちょっとまえにマルチモニタでタスクバーを表示する「MultiMonitor TaskBar」&日本語化というのを書きましたがそこで紹介したソフトの「MultiMonitor TaskBar」と基本的に同じ機能がある違うフリーソフトがこの「ZBar」。
ダウンロードページ http://www.zhornsoftware.co.uk/zbar/
同じ機能のソフト紹介してんじゃねーよということでもあるが同じようでちょっと違う。で「MultiMonitor TaskBar」よりこっちがいいわって人も。どっちがいいかうんぬんはあとで。
ダウンロードは上のURLからでインストールは不要です。日本語化のパッチはいまのところなし。でv0.81というバージョンでのことを書いてます。 【プライマリモニター以外にもタスクバーを表示するフリーソフト「ZBar」】の続きを読む

IMG_0127
マルチモニタうんぬん書くのに最初にかけってことですがいつものように思いつきで書いてるのでこんなことに。
デュアルモニタだなんたらと言われても何必要なのさって話ですよね。で俺のパソはできるの?設定ってめんどくさいの?ということも疑問になると思います。今回はデュアルモニタにするんでもただたんに2画面のデスクトップにするということだけを書いてます。HDCPだらなんだらとかありますがそういうこと抜きです。で写真みたいにノートとデスクトップPCのどちらも当てはまる話でついでにWindows VistaとXPの話が中心。7でもおなじっちゃ同じなんですが設定画面が違うのよね。 【デュアルディスプレイ(マルチモニタ)化の設定と必要なものと対応確認などなど】の続きを読む

イメージ6663
マルチモニタ(デュアルディスプレイ)にしてメイン以外のモニタを見ると大体違和感を感じると思います。なぜかっていうとタスクバーがないから。タスクバーってのはWindowsだと画面下の帯みたいなところね。XP
以前だと広げられる場合もあるらしいがWindows Vista以降はだめ。
ということで擬似ですがタスクバーをメイン以外のモニタにも表示するというソフトが「MultiMonitor TaskBar」というフリーソフト。
http://www.mediachance.com/free/multimon.htm
タスクバー増やす以外にも便利な機能がついててそっちのために入れるという人も多いソフト。大体マルチモニタ関連のソフトを探すとこのソフトの紹介にぶち当たる。そんなソフトの紹介です。

【マルチモニタでタスクバーを表示する「MultiMonitor TaskBar」&日本語化】の続きを読む

IMG_0131
これはPLANEX HDMI-DVI変換ケーブル 2m(PL-HDDV02)って商品。
http://www.planex.co.jp/product/hdmi/pl-hddv/
HDMIが関係するコードって出始めは高かったがこのごろは安くてよいです。地デジに以降することにより需要が高まっていると思われるHDMIとDVIの変換。地デジの液晶テレビを買ってPCモニタにもって人がいると思うのよね俺みたいに。で液晶テレビにDVI端子ってのはないものが多い。でPCのほうはHDMIがついてるのも多くなりましたがちょっと古いとデジタル接続はDVIしかないというのが多い。でこういう変換コードが便利ってわけです。
そんな話をちょこちょこと。 【HDMI-DVI変換ケーブル】の続きを読む

IMG_0124
Windowsでマルチディスプレイにして最初にあれ?って思うことが壁紙。2つのモニタがあったとして2つに同じ壁紙がでるんですよ。で変えられないのかなといろいろ見てみても変えられそうにない。自分はWindows Vistaですが最新のWindows 7はマルチモニタ用のショートカットキーとかいろいろと増えたのですが壁紙は以前のWindowsと同じで設定はできず。
なんでこんな簡単そうなことデフォの機能でできないのよと愚痴もでますがそういうときはいいフリーソフトが絶対にあるわけでそのソフトがMultiWallpaperというもの。
作者様のHPへhttp://soft.g-sce.com/multiwallpaper/
ここからダウンロードもできます。そんなことでマルチモニタ環境では便利で必須なソフトの紹介。 【マルチモニタ(デュアルディスプレイ)用壁紙フリーソフト MultiWallpaper】の続きを読む

イメージ6641
そろそろ地上アナログ放送も終わりますがパソコンに地デジチューナー入れて見ようかな?とかモニタにチューナーだけつけてみようかな?とか考えている人もいると思います。そういうときに問題となるのがHDCPに対応している機器かどうかということ。
HDCP=High-bandwidth Digital Content Protection。簡単にいえば著作権保護の暗号化技術です。デジタル放送もですがBDなどのデジタルコンテンツを最高画質で見るためにはHDCPに対応していないといけないってこと。
どの機器がどう対応してるかなんて正確に覚えてねーよってことですね。でそういうときはそういうソフトがあるわけです。
いろいろあるんですが今回はBUFFALOのストリームテスト for 地デジというものを使いました。
http://buffalo.jp/products/catalog/multimedia/chideji/streamtest.html
上のURLからちょっと下のほうにいくとダウンロードする場所があります。まぁそんなソフトの紹介。
【HDCP対応確認ソフト バッファロー ストリームテスト for 地デジ】の続きを読む

このページのトップヘ