モモンハン日記

趣味のもののレビューが中心のブログ
レビュー依頼など各種問い合わせは
カテゴリ一番下からどうぞ

タグ:アマゾン

スタジオセッション-504
アマゾンで買うとアマゾンロゴのダンボールで届きますがけっこう種類が豊富。ということでそのサイズとこんなもの入ってたよみたいなのをブログに書いてメモとして記録って趣旨。自分用がおもなんですが、なんでも書いておけば役に立つときもあるってね。

1個目はXM02。自分はこれが一番多い。中身は本複数や、本と何か小さいもの。PCソフトなんかもこれでした。本一冊や同じくらいの大きさでひとつだとメール便も多くなりましたがそれに入らないか複数か、壊れるものだとこれなんでしょう。 【amazonのダンボール箱の種類 XM02】の続きを読む

BlogPaint
先日買ったカメラバックが買ってすぐにチャックが壊れるといういわゆる初期不良のような状態になったので返品したのでついでにアマゾンへの返品の仕方ってのを書いておきましょうと。それなりにって数回ですが返品してるんでおもに経験談です。アマゾンへの返品について詳しく書くとかなりたいへんになるので基本的な方法しかかいてません。あとAmazon.co.jp が販売する商品の返品についてってことで。マケプレだといろいろあるんでそこも省いてます。

【Amazonに返品する方法】の続きを読む

DSC_2482
ちょこちょこと注文したものが届く日々。全部同じところで一気にがいいよねと後悔しても遅いですが今日もひとつ届きました。写真のダンボールみてわかるとおりのアマゾンさんから。発送のメール見てアマゾンさんと合わさると悪い評判が多い某配達業者じゃなかったので安心してたんですが配達のあんちゃんが来て「これ大丈夫っすよね?」といきなり言われる。
なにが?と思ってダンボール箱みると写真のようになってました。なんだ穴があいてるのか〜。なんだじゃないよですねw
「大丈夫だと思いますよ」とさっさとハンコ押して終了。信じられないでしょ〜これで終わるのよ俺。 【ちゃんとしましょうね】の続きを読む

DSC_0730
とうとうアマゾンがティッシュボックスまで発売しやがった。ということではなく商品が入ってるアマゾンダンボールでティッシュボックスが簡単に作れるよってこと。5/24に発売された週刊アスキーみたらこれの記事がありましてで作成。
これを作ったのはマゴクラ様というサイト様。http://mago.pepper.jp/ccil50.htm
ここで型紙を無料でくばっていましてそれを印刷してそれをもとに切って簡単につくれます。作り方はリンク先にすべてのっているのでそれでいいんですがさらさらと紹介です。 【Amazonのダンボール箱を再利用でディッシュボックスを作ろう】の続きを読む

DSC_0474
ベストセラーコミック「よつばと!」(あずまきよひこ著・アスキーメディアワークス発行)で、夏休みの工作にダンボールで作られたという設定の着ぐるみロボット「ダンボー」。もし、そのダンボールがAmazonの発送箱だとしたら?という仮定で作られた”リボルテックダンボー【Amazonボックス版】”がミニ版で登場。
とアマゾンの商品紹介からです。
発売は2009/3/1で細かく再販がされてます。定価は1000円。けどすぐ売り切れるので手に入りやすいのはプレミアがついたものばかり。2000円前後ってのが相場になってる模様。
よつば立体化作戦というのがありましてhttp://www.yotuba.com/figure_top.html
そこでダンボーが立体化されそこからコラボとしてうまれたのがこのアマゾンバージョン。
http://www.yotuba.com/adanbo_top.html
ちなみにダンボーのフィギュアは5種類あるのかな。通常版 よくできました版 セブンイレブンBOX版 アマゾン版でアマゾンミニ版。ミニダンボーはこれだけ。セブン版はプレミアつきすぎてすごい価格に。
よつばと!読んだことねーって人も多いと思いますがちょうどダンボー初登場の話がお試しで読めます。
http://www.yotuba.com/yotu_comics.html
そいではいつものようにさらりとレビューを。 【リボルテック ダンボー・ミニ Amazon.co.jpボックスバージョン レビュー】の続きを読む

イメージ2243
この前アマゾンで買い物したらアマゾンプライムの一ヶ月無料体験の登録ができた。俺一回無料体験やってるんですけどね・・・なんでできるの?
このアマプライムの無料体験での問題点は一ヶ月過ぎて何もしてないと自動的に本会員登録になり年会費3900円がいきなり取られちゃうというもの。(一回もつかってないとキャンセルすれば年会費はもどってきます)
無料体験登録の時に見づらいとかはあれとしてしっかりとこれは書かれているので詐欺だなんだというものじゃなく自分の無知を恥じないと。まぁそれはいいとしてちょっとしたことでこういう問題は回避できるのでそういう解約の方法を。 【amazonプライム無料体験キャンセル方法】の続きを読む

このページのトップヘ