モモンハン日記

趣味のもののレビューが中心のブログ
レビュー依頼など各種問い合わせは
カテゴリ一番下からどうぞ

タグ:カブのスノータイヤ

DSC_9176
購入価格 4.392円(送料税込)
ボンサンの2.50-17のスパイクタイヤのレビュー。書いてることはほぼ2.25のほうと同じなのでかぶるところは省略ということで2.25-17のほうの記事も読んでくださいね。
http://momomhf.doorblog.jp/archives/1640174.html
まぁかぶってないところってほぼ無いんですがね。写真が違うてだけとも言えます。
2.25と同じく未完成レビュー記事。申し訳ございません。

【BONSUN(ボンサン ボンスン)スパイクタイヤ2.50-17レビュー】の続きを読む

DSC_9171
購入価格4.122円(送料税込)
カブやスクーターなど原付、原付2種用のスパイクタイヤと言えばBONSUN。読みはボンサンなのかボンスンなのか不明。BONSANという商品名で販売してるところありますがSUNのほうが正しい表記。検索すると中国の業務用のゴム製品やOEM製品作ってる会社が出てくる。IRC(井上ゴム)と関係がある会社という説も。ちなみにタイ製のタイヤ。ネット検索だけでは詳細はよくわかりませんでした。
どっちにしろ今現在(2014/11)17インチのスパイクタイヤはBONSUNのものしか日本では入手できないといっていい状況なんでどんなメーカーとか気にしてもしょうがない。
さてなんでスパイクにしたかというとスタッドレスで昨シーズン過ごしたがガリガリに凍ったところでは走れなくないがすごい怖いのでスパイクにしてみようかなと。まぁもともとこういう予定でもあったが。
2.50-17も買ってるのですがあえて別記事で。まだバイクにつけてもいないのでいつもと同じようにレビュー完成は最低でも半年後です。申し訳ございません。

【BONSUN(ボンサン ボンスン)スパイクタイヤ2.25-17レビュー】の続きを読む

DSC_7560
購入価格約4000円 製品HP http://www.irc-tire.com/ja/mc/products/standard/standard02.html
サイズは2.50-17。使用するのはカブ110(JA10)。前に書いた現在入手しやすいカブが履けるスノータイヤという記事から選んだ一本。
レビュー?とハテナつけたが一番大事な凍結路走ってないので不完全なレビュー記事という意味。雪道走ってから書くと思ったがどんなタイヤか見たいって人もいると思うので一応あげてみようかなと。来年初めくらいには完全な記事になるはず。
これにした理由はWB01同様評判のよさから。こっちかWB01で迷ったが迷ったなら2本買えばいいじゃないって今のところ前がWB01で後輪がこれ。あとでローテする予定。こういう買い方はあまりよくは無いのでマネはしないでね。
※2014/11追記を書いたので一応のレビュー完成。

【IRC [ 井上ゴム ]スノータイヤ(スタッドレスタイヤ)SN12レビュー】の続きを読む

DSC_7568
購入価格約3800円 製品HP http://www.bridgestone.co.jp/personal/mc/products/standard/
サイズは2.50-17。使用するのはカブ110。前に書いた現在入手しやすいカブが履けるスノータイヤという記事から選んだ一本。
レビュー?とハテナつけたが一番大事な凍結路走ってないので不完全なレビュー記事という意味。雪道走ってから書くと思ったがどんなタイヤか見たいって人もいると思うので一応あげてみようかなと。来年初めくらいには完全な記事になるはず。
これを買った理由は、評判のよさとやっぱりタイヤはブリヂストンかなぁなんてね。ちなみに一本だけしか買っておらずもう一本はIRCのSN12。まずはこれを前輪につけて評価が固まり次第後輪にでレビュー終了の予定。
そんなことで不完全ですがいってみますか。
※2014/11に追記書いたので一応レビュー完成。

【ブリヂストン スノータイヤ(スタッドレスタイヤ)WB01レビュー】の続きを読む

DSC_7738
フロントやったので今度はリア編。一応書きますがカブ110(JA10)です。他の型もだいたいにたような感じになってます。
フロントと同じくこれも下準備を。まずセンタースタンドの下に数センチの板キレをはさんでスタンドの高さアップ。JA07型だとアクスルシャフト抜くためにスタンドの高さアップしたほうがいいみたいですがJA10型だとそれの意味は無し。JA10ならやらないでもいいんですがホイール外すとき楽なんであげられるならあげましょう。
でフロントホイールをブロックで挟んで棒ぶっさして固定。意味あるかわからないが一応固定したほうがいいかなぁみたいな。このくらいじゃ固定とは言えないですがね。やれるのならこんなことしたほうが楽だったり安心できたりします。いいものがないならやらなくても大丈夫だと思う。

【カブのリヤホイールの外し方つけ方】の続きを読む

DSC_7663
タイヤ交換やブレーキ交換などするにはホイール外さないとできないのでホイールの外し方を。まずはフロント。
車種はカブ110(JA10)他のカブでも基本は同じなんですがちょっと違っているので他の形式のかたはご注意ください。
ホイール外す前の下準備としてセンタースタンド立ててリアキャリアに何か重いものを乗せます。今回乗せたのは水20リットル。こうすることによってフロントがあがりタイヤがなくても問題なしに。センスタとリアキャリアあるカブならではってことでしょうか。メンテスタンドなどがあるならそれに越したことは無いですがね。これやらなくてもリアのほうが重いので大丈夫だと思うがやれるならこういうことはしておきましょう。キャリアに載せるものはできれば固定したほうがへんなことにはならないと思いますよ。

【カブのフロントホイールの外し方つけ方】の続きを読む

DSC_7681
カブを買ったのはタイヤ交換のしやすさってのが理由の一つ。素人のバイク整備で問題となるのがタイヤ交換。スクーターであっても専用の道具がないときつい。しかしカブならチューブタイヤでタイヤのサイズや硬さ的にも自転車の延長線上。自転車のタイヤ交換なら一応子供ののころから20年以上やってるのでこれならなんとかいけるかな?と。冬乗るとしてタイヤを年1か2で交換しないといけないのでこれができないと費用がけっこうかさむのでできないと死活問題。
バイク(カブ)と書いたがチューブタイヤであるならばオフ車でも基本は同じ。まぁ難易度はオフ車のようにタイヤが太くなるほど上がると思ったほうがいですがね。そんなことでいきなりホイールだけになってますがここからスタート。ホイールの外し方は別で書きますのでそっちで見てくださいね。
フロントホイール外し方(カブ110) http://momomhf.doorblog.jp/archives/1590501.html
リアホイールの外し方(カブ110) http://momomhf.doorblog.jp/archives/1590814.html
といつも書きますが、自己メンテはすべて自己責任で。

【バイク(カブ)のチューブタイヤのタイヤ交換】の続きを読む

DSC_7557
購入価格約1000円(送料込み)
なんすかこれ?ってことですが、名前そのままエアバルブを引っ張る道具。バイクのチューブタイヤ交換するとして手こずることがあるのがチューブのバルブをリムの穴から引き出す作業。自転車だとタイヤ柔らかいので問題ないがバイクだとタイヤ硬いのでだめなときはだめなのよね。
とカブなんでそこまでバルブ出しに手こずらないとおもったのでいらないと思ったのだがバルブの虫外しがなくて買う予定だったのですがこれが虫回しにもなるってことで面白そうだし買ってみました。

【エアバルブプーラー レビュー】の続きを読む

DSC_7712
バイクのタイヤを自分で交換する場合、問題となるのがタイヤを交換する場所。ダンボールだったり毛布だったりを敷いてというのが一般的な気がしますが、それの場合問題点はホイール真ん中のハブやブレーキ部分。ドラムはまだいいがディスクブレーキだとけっこう出っ張ってるのでちょっとねと。けっこう力入れる作業なんで破損が怖い。プロがタイヤ交換で使ってるようなのはそこらへんじゃ売ってないので交換台を自作しましょうってことに。
上の写真のタイヤの下のなんか汚い木製の四角のやつがそれ。説明するまでもなくただ角材四角にすればいいのよってことです。これで終わってもいいが、適当に説明を。

【バイクのタイヤ交換台を自作】の続きを読む

スクリーンショット (2714)
もう雪が降っちまうてことで冬でも走るためにカブ110にしたのでタイヤ買わないとってことで今販売されてるスノータイヤを書いてみましょうと。まぁいつもの自分用のメモ記事です。

さてタイトルにスノータイヤと書いたがスタッドレスタイヤじゃないの?ってことですな。厳密にはスタッドレスタイヤって売ってるバイク用タイヤは無い。スタッドレスタイヤとスノータイヤって何が違うの?ってことですが、スタッドレスタイヤを正確にいうとスタッド(スパイクが)レス(なくてもスパイクタイヤ並みの性能がある)タイヤということになってます。
スノータイヤは、広い意味では冬に使えるタイヤでスパイクタイヤなどすべてを含む。でスノータイヤってのはスパイクタイヤがまだ車でつかえてた時からありまして、スパイクタイヤが凍結路面用、スノータイヤは凍結してない雪道用となってました。カブ用スノータイヤはこの2つの意味で使われてるのよね。なもんで凍結路面じゃあんまりよろしくないタイヤてのもあるようです。そこらへんはまだ使ってないのでどれがどれとは完璧には区別できずです。

あとはタイヤサイズですな。現行17インチタイヤのカブのタイヤサイズは上のようになってます。60/100-17とかなってますがスノータイヤのサイズ表示はインチ表示の2.50-17とかなのよね。でどれ買っていいかわからないとなるが、大事なのは60/100とあれば最初の60のところを見ればいい。この60はタイヤの幅の長さをmmで表示したもの。
てことで1インチ=2.54cmで計算してやればいいだけ。まぁフロント2.25でリア2.50か、フロントリア2.50って選び方で問題なし。タイヤが太すぎるといろんなところに干渉するってことがあるんで。細い分には問題は無し。

そんなことで必要な基礎知識書いたので本題へ。タイヤのラインナップは2013/10現在のもの。時間がたつと変更される場合があります。


【カブのスノータイヤ(スタッドレスタイヤ)のラインナップ】の続きを読む

このページのトップヘ