モモンハン日記

趣味のもののレビューが中心のブログ
レビュー依頼など各種問い合わせは
カテゴリ一番下からどうぞ

タグ:ニコン

DSC_1969
発売日2010/9/2 購入価格18.480円(送料込 ヤフー)製品HP http://www.nikon-image.com/products/lens/nikkor/af-s_dx_nikkor_55-300mm_f45-56g_ed_vr/ 
ニコンのDX用の望遠ズームレンズで300mmまであるもの。DX機で使うなら35mm換算450mmってやつですな。
もともとレンズはそんなに買ってないが一眼で撮り始めてから一回も新しくしてないのが望遠レンズ。今更テブレ補正もないDX55-200を使ってる始末。必要であれば新しくするわけですが「使ってる」書いたが望遠使うのは年数回気まぐれで月撮るくらい。俺には焦点距離100mm以上はいらないのよな。とは言ってもたまには使うし望遠がいらないとは思っておらず。二ケタ万出して買う気あったりなかったり。このレンズも発売当初から購入候補にはずっと入ってましたし値段も手ごろなんでいつ買ってもよかったがカメラをフルサイズにって思ってたのでDXレンズを買ってもな・・・てことで購入に至らず。で半年前くらいにDXのD7200を購入でフルサイズに移行って気持ちもほぼなくなり望遠もDXレンズでもいいかと。そしてヤフーのクレカを手に入れて5000Pいただき使用期限もあるんでこういうのはこういうもの買おうってことで購入。
製品は中古でB品となってたもので商品説明にはSWMと後玉と5群レンズが交換してあるということでほぼフルオーバーホールを受けたレンズってことなんだと思われます。箱とソフトレンズケースが欠品でした。 

【ニコン AF-S DX NIKKOR 55-300mm f/4.5-5.6G ED VR レビュー】の続きを読む

DSC_2077
購入価格328円(amazon)
ニコンの一眼レフなどのシャッターリモコンのMl-L3の互換品でどこのメーカーかもわからない権利関係いろいろやばそうな一品。ML-L3は持ってたんですがカメラあげるときにあったほうがいいだろうと一緒にあげちゃった。
スマホのアプリのWireless Mobile Utilityがあるんで大丈夫だろっておもったんだが設定ガンガン変えながら連続で撮るとなるとアレだと不便すぎるのでやっぱり無いとアカンのなと。
リモコンケーブルにしようと思ったが微妙に高いのでそこまでリモコン使わないのになぁってことで前から気になってた互換品でも手だすかと。で一番やすいのを購入。
本当は200円くらいで送料込みで売ってたりするんですがアマで他のものも買うついでなんでアマ発送のを選んだらこんな価格になりました。

【Nikon リモコン ML-L3 互換品 レビュー】の続きを読む

DSC_1847
購入価格390円(ヨドバシ)製品HP http://www.nikon-image.com/products/accessory/lens_closeup/standard_reflector_18/ 
白地に黒文字の印刷物などコントラストが高い被写体の複写等で、カメラのTTL測光で適正露出が得られない場合に使用し露出を決定します(ホワイトバランスのプリセット用には適しません)※ニコン製品HPの説明そのまま。
いわゆるグレーカードってものです。グレーカードっていうと今はホワイトバランス設定用のものが多いというかほとんどなきがしますが、この製品は正確な発売日がわからなかったがかる〜く10年以上前からあるもの。そういうことフィルムカメラ用の製品なんだよね本当は。フィルムのWBを設定するってのはできないというかまぁ普通はやらないので露出決定用に適したというかそれ用に作ったものなので、WBプリセットに適さないなんて注意が書いてある。
しかしWBプリセットにもちゃんと使えるってレビューが多数というかほとんど。なので俺もWBプリセット用に買ってみたと。前からグレーカードはほしかったのよけど高いのよね専用のは。これは安いというか安すぎるのでお試しでも買いやすいので。
今回は商品の紹介がメインでどうやって使うかってのは細かくは書いてないです。それはそのうち暇なときに。

【Nikon 18%標準反射板 レビュー】の続きを読む

DSC_0418
購入価格2.700円(送料税込 amazon)製品HP http://www.nikon-image.com/products/accessory/case_strap/cf-dc3/ 
ニコンの機種別専用のカメラケースってやつですな。製品HPにはD7000D7100D7200用となってますがニコンダイレクトではD80 D90用ともなってます。実際D90でも大丈夫でしたしほぼサイズ一緒のカメラなんで大丈夫です。
発売はD7000と同じくらいの2011年初めくらい。D80D90用ケースのCF-D80のバージョンアップ版って思っていいのかなと。
カメラバックはいろいろ持ってますが基本的なカメラ保管方法は部屋にそのまま転がしておくだけw カメラ新しくなったしそろそろそこらへん改善しないとなと。10年ほど写真撮っててずっとそんな感じなのに今更感が・・・
それよりもカメラバック以外に普通のバックに突っ込んでや単体での持運びも多いので昔ながらの一眼のボディにピッタリサイズのケースもいいのかなと。で最初に思い浮かんだのが純正ケース。正直純正ケースは高いしダサイので昔から嫌いなんですが、ピッタリサイズってのを今回は重視したのでこれに。アマだとそれなりに安かったってのも大きかったですが(定価4320円税込)。そんなことでレビュー。

【ニコン D80 D90 D7000 D7100 D7200用セミソフトケース CF-DC3 レビュー】の続きを読む

スタジオセッション-1824
発売日2013/10/31希望小売価格10.800円(税込)購入価格8.317円(税送料込)
製品HP http://www.nikon-image.com/products/accessory/speedlight/ld-1000/
Nikonのカメラ用LEDライト。Nikon1とCOOLPIX専用みたいな書かれかたしてたりですがどんなカメラでも使用可能。フラッシュだと撮る瞬間しか点かないので写真でも不便な時もあるし動画では使えない。てことでずっと点灯してるこういうライトがあると便利な場合も。
となんでこんなもの買ったのよって話になるがスタパ斎藤さんのブログみててこれがいいって記事を見て興味がわき、いろいろ調べたが詳しく書いてるものがひとっつも無し。まぁどう考えても高いんでね・・・これそんなに売れてないんだと思うがレビューが少なすぎ。であればいいとは思うがものすごい欲しいってわけじゃなかったがどういう製品なのか詳しく知りたくなって知りたくなってガマンできず購入。こんなもん買ってるお金の余裕無いってのに・・・。そういうわけのわからない物欲に負けたってことです。そんなことで詳しく書くために買ったといってもいいので詳しく書くのでバカ長い記事になる予定。なげーよって言わないでね読むかたは。

【ニコン LEDライト LD-1000レビュー】の続きを読む

スタジオセッション-1681
希望小売価格400円(税抜) 購入価格約350円
製品HP http://www.nikon-image.com/products/accessory/lenscap/lc-52/
なんてことはないレンズ買えば絶対ついてくるレンズキャップの52mmのやつ。ちょっと前にDX18-55VR買いましたが、いきなりレンズキャップを紛失w レンズキャップ失くした〜と思ってもいつもすぐ出てくるのですが今回はでてこず。家の敷地内でなくしてるのでてくるはずなのだが・・・。それいいとしてレンズキャップ無いとレンズの傷が怖いので使ってないレンズの使おうと思ったがレンズ新しいのにキャップ古いのもなと新しいの購入。地元電気店ですぐ買えるのでね。高くもないし。
こんなもんレビューしなくていいのですが基本的に購入したものはレビューするってことでまぁやるかとすぐ書けるネタもないので。

【ニコン レンズキャップ52mm LC-52(スプリング式)レビュー】の続きを読む

スタジオセッション-1591
発売日2014/2/6 希望小売価格2.160円(税込)購入価格約1.700円(税送料込)
製品HP http://www.nikon-image.com/products/accessory/lens/lenshood/index.htm#hb-69
この前レビューしたニコンDX一眼用レンズのAF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR IIの専用フード。伝統的?にニコンの一番安い標準ズームレンズはフードが別売り。本当この別売り商法は・・・と文句言うのはやめましょう。
レンズフードとは?って人は昔に俺が書いたもの読んでくださいな。一応わかりやすく書いてるはずなんで。
http://momomhf.doorblog.jp/archives/1177127.html
それなりに売れてるものなんですが購入者が初心者が多いからか昔の18-55の時からフードのレビューは皆無といっていいのよなぁ。てことでがっつりと書かせていただきます。

【ニコン バヨネットフード HB-69(AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR II用フード)レビュー】の続きを読む

スタジオセッション-1533
2014/2/6発売 希望小売価格37.800円 購入価格約15.000円
製品HP http://www.nikon-image.com/products/lens/af/dx/zoom/af-s_dx_18-55mmf35-56g_vr_2.htm
ニコンのDX一眼のキットレンズと言えば18-55てことでそれの最新バージョン。DX18-55はこれで4代目か。その2代目から約8年使い続けてる俺。なんだかんだとデジ一眼での俺の写真の歴史はこのレンズとともにといってもいいのよな。そんなことで新しいのが出たら買わずにはいられず。が最初は高くて手がでず。2014/5くらいからガクっと値段が下がっていい値段になったので購入。本当はもうちょっと待ってヤフオクあたりの中古が安くなってからって予定だったんですが金も無いのにフルサイズ機に移行しそうになったのでこれで発作を止めましたw あとは今まで使ってた18-55VRに不満はありましたし、ズーム機構が一回ぶっ壊れていつの間にか直ったてこともしてるのでそろそろメインからは落とさないとと。そんなことでこれから何万枚とまたコキ使うレンズになるのでレビューはいつもより気合いが入ってますが、空回りになるようです。

【Nikon AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR II レビュー】の続きを読む

スタジオセッション-670
2013/6/22〜2013/9/30にあったニコンレンズ購入者を対象としたキャンペーンがありまして
http://www.nikon-image.com/event/campaign/nikkor_8000/tour/(リンク切れの場合あり)
で俺はNikon1J2のレンズキット期間内に購入してまして、付属のレンズの1NIKKOR 10-30が対象商品だったので応募。
で撮影体験ツアーってのも当たるのですがスペシャルブックとしおりが当たりましたとさってことです。やべー撮影旅行とかあたったらどうしよう、知らない人と触れ合いたくない。とか思ってたが俺が当たるわけもなく、もともとこっちがほしくて応募したので満足満足。というか8000人も当たるのでだいたい当たるかなぁと。誰でも応募できるのだと高確率でとはいかないがレンズ購入者だけなんでね。って国内で3ヶ月で300万本くらいレンズだけで売れてるの?うそ〜んと思ったら毎年○千万本キャンペーンってこのごろはやってるのよな。売れないとかいろいろ言われてますがまだまだ市場規模はすごいことになってます。
ってそんなことはいいとしてその当選品のレビューというかこんなのってのをさらっと。

【ニコン発売80周年&累計生産本数8000万本達成記念 ニッコールレンズキャンペーン 当選】の続きを読む

スタジオセッション-571
発売日2012/9/6 購入価格約20000円(レンズキット)
製品HP http://www.nikon-image.com/products/camera/acil/body/nikon1_j2/index.htm
ニコン1マウントの3台目の機種といっていいのかな。ニコンのエントリ−向けミラーレス、レンズ交換式カメラとなってます。
いつものように購入理由を。動画とマウントアダプターFT1を使ってのFマウントレンズの使用が目的。それ以外はどうでもいい。発売2年でJ1レンズキットが2万円台うろちょろし始めそろそろ買い時というかこれ以上の値下がりは期待できないので買おうとしてたら最安の時に買いそびれ悩んでたらJ2が一気に値下がりでJ1より安くなり買うしかないべや〜で購入。赤にしたのはピンクが一番安かったがさすがにピンクわねということで次に安い赤に。
本当はボディだけ買ってFT1購入と考えてたがオクでもボディだけはけっこう割高。車載動画で広角側を考えるとなにかしら1マウント専用レンズがないとしょうがないのでレンズキットを。レンズだけだと中古で15000円くらいするのでまぁいいかと。
そんなことでレビュー。

【Nikon1 J2  レビュー】の続きを読む

DSC_7476
Nikon1J2を買いましたが機能満載でAUTO撮りを基本としたカメラですがこだわった撮影も可能。しかしこだわった撮影をするとして問題となるのがフラッシュ。フラッシュはついてはいるが申し訳程度というもの。増設するにもアクセサリーシューもないですしV系だとついてるがNikon1独自のものでニコン系一眼のものも使えない。アドバンストワイヤレスもできない。残るはNikon1付属のフラッシュに同調して光らせるスレーブ発光のみ。ということで手持ちのニッシンDi622ニコンのSB-700でテストしましたというお話。SB-700のほうは正確にはSU-4タイプのワイヤレス増灯のテスト
まぁフラッシュをよく使うというならNikon1は買ってはいけないカメラですがそういうライティング系の道具もってるような人のサブカメラとしての購入はよくあることなので気になる人もいるでしょうし書きましたと。
カメラ用語がちんぷんかんぷんって人もいるでしょうがリンク貼ってあるところは俺の記事に飛びましてそちらで説明してるので読んでみてね。てチンプンカンプンの人はこの記事読まんからいいのか。

【Nikon1でスレーブ発光(SU-4でワイヤレス発光)】の続きを読む

スタジオセッション-1031
発売日2010/11/26 希望小売価格44100円。購入価格約2600円
製品HP http://www.nikon-image.com/products/speedlight/sb/sb-700.htm
買ったのは逆輸入品。その説明はこちらへ http://momomhf.doorblog.jp/archives/1525252.html
ニコンのミドルクラス向けスピードライト。購入理由は、ニッシンのDi622MARKっていう外部ストロボもってるわけですが室内ライティング用っていうとストロボ2台体制のほうが何かと融通がききまして、でもう一台がほしいと常々思ってまして622をもう一台ってのも悩んだがおもしろくないので保留。で逆輸入品のこれ見つけましてカードのポイント使うとけっこう安くなりそれでも悩みに悩んだが利便性のためといい聞かせ無理して買いました。 【ニコン スピードライトSB-700レビュー】の続きを読む

スタジオセッション-959
購入価格390円。D3の付属品としてが初登場のはず。で2012/12までだとD3 D3S D3X D4に付属品としてついてきます。日本で単体発売を正式にしてるのかは不明。ニコンダイレクトでもこれ単体では売ってない。お店で注文すれば買えるのかも?聞いてはいないです。自分はトキワカメラの通販で買いました。
http://www.tokiwa-camera.co.jp/auto/shopping/auto3991.html
てことで写真のカメラの頭になんか帽子みたいにくっついてるのがBS-2。まぁいろいろと書きます。 【ニコン アクセサリーシューカバーBS-2 レビュー】の続きを読む

スタジオセッション-613
今発売中のニコンのスピードライトをカメラ本体と離してコード無しで発光させる方法は、前に書いたアドバンストワイヤレスライティングと今回紹介するSU-4タイプのワイヤレス増灯撮影。このSU-4タイプのってのが謎すぎてねいくら調べてもよくわからない。前に書いたニッシンストロボのスレーブ発光のニコン版なだけなんだろ?と思ってたのですがSB-700買って実際にやってみたらいろいろと違うことに気づく。実験すればするほどわけがわからなくなってきてましてねもう大変w
大体は把握したのだがカチっとはたしか書けない。そういう感じですので間違ったこと書いてるかもしれませんがご理解ください。
あと説明に使用しているスピードライトはSB-700。他の機種では若干異なることがあります。 【SU-4タイプのワイヤレス増灯撮影とは?】の続きを読む

スタジオセッション-437
逆輸入ってのは日本メーカーの海外仕様の商品を日本に輸入したものってのが今回の意味でよく使われる意味。並行輸入ってのはメーカーや代理店が作った正規の輸入ルートとは別の個人が輸入した商品ってことで輸入ルートが2本あるという意味で平行輸入なんていわれます。
カメラ製品に限らず海外で売られてるそのままを輸入して販売している製品は逆輸入品か並行輸入品と呼ばれることが多い。
そんなことでお店でも通販でもですが新品なのに変に安いなという商品があると逆輸入品なんてことが書いてあることが。ということで並行輸入品のニコンスピードライトSB-700を購入したので輸入品のいろいろをちょこっと書いてみましょうと。安いけどいろいろ謎が多いので手が出ないって人も多いでしょうから。
注意としてましては今回書くことは自分の買った商品のことですべてに当てはまることはでは無いです。そして2012/11現在のこと。時間がたつと変更されることがあるというのをご理解ください。 【ニコンの逆輸入品(並行輸入品)の保証書、説明書など】の続きを読む

DSC_3057
定価1365円。実売は1000円以下(2012/4) タイトル通り内蔵フラッシュ用の赤外パネルってもの。ただの黒いプラスチックのように見えますがIRパネルって赤外線だけが通るというけっこうハイテクなもの。IR=infraredで赤外線って意味です。アドバンスドワイヤレスライティングのコマンダーモードについて前に書きましたがそこで書いてるように内蔵フラッシュをコマンダーとしてだけ使ったとしても内臓フラッシュがわずかに光ってしまい被写体に影響がでる場合がある。そういう被写体への内蔵フラッシュの微量発光の影響をなくすためのものがこの装置。ニコンのワイヤレスでのフラッシュの制御は赤外線。SU-800みたいに赤外線だけ出すことができればいいんですが内臓フラッシュではそれは無理で少量発光させその中の赤外線で制御という仕組み。なもんでその少量発光がきになるなら光は遮り赤外線だけ通せばいいじゃんという原理は簡単なもの。そんなことでグダグダ書きます。そういえばこれ単体でニコンのHPにもカタログにも掲載されてないんだよね。そんなレアもの。 【ニコン 内蔵フラッシュ用赤外パネルSG-3IR レビュー】の続きを読む

DSC_3053
ニコンの一眼レフ用のストラップ。販売価格は1500円前後(2012/4)
ニコンHP http://www.nikon-image.com/products/accessory/slr_strap/120502311.htm
昔は4色(イエロー ブラック ブルー レッド)あったのですが現在(2012/4)で普通に新品で流通してるのもほはブルーのみ。ストラップはなんでもよくこだわりは無いのですが付属のストラップはけっこう微妙なのよね。でどうしようかなぁといろいろ考えてたら5年くらいたってましたが今のメイン機が修理上がりの記念に購入。このストラップもいつまで販売してるかもわからないのでね思い切りました。ちなみにプロフェッショナルとか書いてあるが素人が使っていいものですというか俺がド素人やがな。もともとはニコンのプロ用ストラップの一般向け用として販売されてるものなんで素人用です。 【ニコン アローストラップ レビュー】の続きを読む

DSC_3940
発売日2006/9/1 希望小売価格18000円。買ったのは中古でキタムラのネット中古で5800円(B品)
カメラの下についてるのがそれ。一般的にバッテリーグリップて名称が普通になってますがニコンは正式にはマルチパワーバッテリーパック。なもんで製品名の最初がMB。バッテリーグリップてちゃんと製品名に入ってるのはキヤノンとペンタックス。ソニーは縦位置グリップ。オリンパスはパワーバッテリーホルダー。
購入理由ははったりかますためと昔からの憧れ。機能的な理由は一切なし。フィルム一眼から写真撮ってますが昔にモータードライブっていうこういうカメラ下につけるフィルム自動巻上げ機にすごい憧れてましてで機能は違いますがそういう風になるんでほしかった。もともとD90を買ったのはバッテリーグリップが中古で安く手に入るから。 【ニコンMB-D80(D90 D80用バッテリーグリップ) レビュー】の続きを読む

DSC_2862
デジタル一眼レフカメラを買うとして同じボディなのにレンズキットやダブルズームキット、ミラーレスならダブルレンズキットなんてものもあったりでよくわからない人にはなにがなにやらってことがあるみたいですね。
ということでその中でもダブルズームって何?と聞かれることがよくあった気がするのでそれの説明。
説明することもなく2本の(ダブル)ズームレンズが付属してるってことなんですけどね。ちなみにミラーレスなどにあるダブルレンズキットってのは片方のレンズがズームレンズじゃないのでダブルレンズキットといいます。 【ダブルズームキットとは?メリットは?】の続きを読む

IMG_1058
タイトルが全然興味ない、知らないって人にはお経のように読める気がしますが簡単に言えばニコンのワイヤレスのフラッシュシステムのこと。上の写真みたいに外部ストロボがカメラと完全に離れてますが点灯してます。そういう機能のことです。
ニコンのフラッシュシステムはニコンクリエイティブライティングシステム(CLS)といいましてその中のひとつの機能がアドバンストワイヤレスライティング。でコマンダーモードってのは2個、3個と内蔵と外部ストロボを同時使用するときに指令を出す機能。ワイヤレス多灯はキヤノンやほかのメーカーもできますが今回の話はニコンの場合。他のメーカーはご自分でよく調べてください。
※説明に使用しているボディはD90です。同じニコンでもほかのボディのかたは仕様が異なることがあります。 【ニコン アドバンストワイヤレスライティング コマンダーモード】の続きを読む

DSC_2789
さてさてひさしぶりにめんどく、ややこしい話でも。かなりめんどくさい話なもんでたしか間違ってます(笑)。そういう感じで読んでいただきたいです。
今のカメラはTTLという方法で露出を決めるのが主流。でニコンのフラッシュの時の調光方式が最新のはi-TTL。似たような調光方式なんですがメーカーが違うと名称は違います(キヤノンならE-TTLなど)i-TTLっていっていいのはニコン機だけ。
で外部フラッシュの仕様表を見ているとi-TTL関係で出てくる単語が二つ。スタンダードi-TTL調光i-TTL-BL調光
違いはあとで書きますが違いを知りたいがために試したいと思っても設定の仕方がわからないという。D90のマニュアルちゃんと読んでたんですけど分からずで、がっつり読んでやっと見つけましたよ。最後の最後の仕様に書いてあるっていう。で上の写真のようなことです。基本的に調光だけを選択する項目は無く測光方式と連動してるということ。
スポット測光スタンダードi-TTL調光
それ以外(中央部重点、マルチパターン)=i-TTL-BL調光
となります。ということでフラッシュの調光方式変えたければ測光変えてねと。これは基本的に外部フラッシュ(スピードライト)でも内蔵でもです。ちなみにレンズ制限もあってそこらへんは説明書など参照。最新のGタイプであれば問題はないです。で本題の違いについてをだらだらと。 【スタンダードi-TTL調光とi-TTL-BL調光の違いと設定】の続きを読む

DSC_2715
前回はこちらへhttp://momomhf.doorblog.jp/archives/1424530.html
ニコンの一番小さくて安いスピードライトがSB-400(レビューはこちらhttp://momomhf.doorblog.jp/archives/1172206.html)そろそろSB-400もバージョンアップしてほしいなとそんなことはいいですが、今(2012/1)ニコン機でスピードライトを買うとしてあまり予算をかけずとなると選択肢になるのがこの2つってことに。ストロボのランク的には違うものなのだが値段的に迷うところになるのよね(SB-400が約12000円、Di622が約17000円)実際にニッシンでのSB-400対抗となるとDi466になるんだけどそっちよりこっちで迷う人がたしか多いはずなんで。
そんなことでサイズ比較って書いたが一目でわかるようにDi622はでかい。これがどんだけでかいのよってことさ。たまに使うというなら大きさなんでなんでもよかったりするんですが頻繁に使うとなるとけっこう重要な要素ですので。 【Di622 MKIIレビューその2 サイズ 大きさ】の続きを読む

イメージ411
2012/1/6発表で発売日は2012/2/16。価格は約65万円。
製品HP http://www.nikon-image.com/products/camera/slr/digital/d4/index.htm
2009/11発売のD3Sの後継機。いつものようにオリンピックシーズンにあわせてのフラッグシップ登場。まったく買えないですけどいつも心はフラッグシップ(意味不明)なので独り言を。 【ニコンD4】の続きを読む

CXふぉーまっと
2011/9にレンズ交換式アドバンストカメラ(ニコンはかたくなにミラーレスとはいいません)Nikon1が発表されそれとともに登場したニコン3番目の撮像フォーマットがCXフォーマット。とあたらしい撮像素子サイズがでると気になるのがその大きさ。撮像素子比較という記事を昔に書いたのだがそこから画像をもってきてCXフォーマットを追加。
白の四角がCX。13.2×8.8(mm)ていう1インチセンサーサイズの撮像素子。コンデジ以上フォーサーズ未満ということです。このサイズにしたニコンの理由はいろいろ発表してますが画像みてわかるとおりにちょうどあいてるところ狙ってきたともいえるわけです。倍率うんぬんは追記で。

【CXフォーマットの撮像素子の大きさと35mm換算時の倍率】の続きを読む

DSC_2322
ニコン製のレインカバー、レインジャケットなんてもいいますかな。ようはカメラ用雨合羽さ。
発売日は2011/3/18。価格はニコンダイレクトで3480円。
ニコン製品HP http://www.nikon-image.com/products/accessory/accessories/120807152.htm
上のURLに飛んだところに説明書のPDFがありますのでそれを見るのが一番よくこの製品を知れます。
毎度毎度それで終わっていいんですがレビューって書いちゃったのでそんなことを。
なんで買ったかというと昔からレインカバーは探してたんですよ、いや雨のときはロクなの撮れないのでどうでもいいのだが雪の時のためにほしかった。でレインカバーって高いのよ。でださいものも多い。そしてでかい。でまぁいいかとほっといたのだがニコンのアクセサリーカタログ見たらこんなものが追加に。あれ〜なんかかっこいいじゃん。そしてけっこうお安い。いやただのカバーなんで高いは高いのだがまだ手が出る価格。ということで購入候補にして何ヶ月もしてやっと買いました。 【Nikon カメラレインカバー ハンディータイプ RC-HT1 レビュー】の続きを読む

イメージ249
当初のうわさ通りの9/21の発表になったニコンのミラーレスデジカメ。発売は10/20。
http://www.nikon.co.jp/news/2011/0921_nikon-1_01.htm
やっぱり出しちゃうのかと。「開発はずっとやっている。出すべきときがきたら出す」とずっと言っていたが今が出すべきときだったのでしょうか。
撮像素子は画角が2.7倍になるフォーサーズよりも小さいCXフォーマットといわれるもの。マウントはNikon 1マウントという新しいものに。既存のFマウントレンズはFT1というマウントアダプターで使用ができる。画角は2.7倍になるけど。ついでにAF-Sのレンズ内モーターのものしかAFは動かない。そして2万以上の価格。
でJ1と上位モデルのV1が一緒に発売。基本的な性能は変わらないがV1は液晶がよくてEVFがつく。値段はV1でボディのみ9万付近。J1がボディ5万。J1はまぁまぁの価格設定かしら。
うーんどうなんでしょ。うわさの段階からまったくほしいとおもってないので出たところでほしいとはおもわないのはかわらず。DXレンズの資産が多いのだからDXフォーマットでもよいとおもうのだが。
けどニコンは高級コンパクト分野は弱い。コンデジからのステップアップ組を狙うって意味でのこのCXなんだろうが一眼も安いわけでここにわざわざいくのだろうか。最終的にはレンズをどこまで増やせるかだろう。とうとうニコンがミラーレス参入でこの分野も本格的に戦国時代突入か。あとはキヤノンがどうでるかですね。
ニコンのデジイチユーザーとしてはミラーレスなんていいからさっさと廉価FX機だしやがれとおもうだけ。

DSC_3935
レビュー書こうかな?書かなくていいかな?とかやってたら見事にカタログ落ちになった現在のメインカメラのD90。そんな機種なんでもうかなり前の発売になるんで俺が書くこともないわけで。けどやらないと気持ちが悪いし適当に。といっても3.4年選びまくって調べまくって決めたカメラなんでネタは豊富なんですがほどほどに。 【ニコンD90 レビュー】の続きを読む

DSC_0126
発売は1998年。定価は105円。ニコンのカメラのプロ用というもの以外のほとんどの一眼レフカメラボディに付属しているものです。
ほかのメーカーだとアイピースカバーなんていわれるもの。
そんなことで一眼レフ買うと付属しているが何に使うかよくわからずそして使うこともなくそのままどこかへ無くしてしまったり箱から一生出ることは無いことも多い不遇のアイテムと言ってもいいでしょう。
こうやって書いてはいますが俺も使いません。使ってなくても問題がでることは少ないということです。けどどんなものかは知っておくのは大事なことといういつもの感じです。 【Nikon アイピースキャップ DK-5】の続きを読む

このページのトップヘ